2009年08月15日

42字と等価の8語

overflow.jpg先日大阪のとあるホテル(画像のEXIFを見るとだいたいどのへんだかわかる。困った世の中である)に泊まったとき、浴室に貼ってあった注意書きが目に留まった。しばらく目から離れなかった。

最初は自分でも何が気になるのかわからなかったのだが、やがて気づいた。漢字平仮名交じりの42文字で綴られた日本語の内容が、英語ではわずか単語8個で伝わってしまうことが意外だったのだ。最初の「CAUTION」を含めても9語。8語だけでも十分で、「cause」の一語で警告の意は余すことなく表現されている。いや、警告という趣旨からすれば英語の方が遙かに優れているとも言える。

もちろん逐語訳ではない。「湯水」と「water」は違うといえば違うかもしれない。「浴槽」に該当する言葉は英文では省かれているし、日本語の方は丁寧表現の分だけまどろっこしくなっているのは確かだ。
しかし彼我の効率の差はそれだけでは埋められない。この英文の無駄のなさに、私はほとんど感動を覚えたと言ってもいい。文字数をカウントしても英語の方が短いのだ。
とりわけ「水を出したまま〜放置」のニュアンスを余すことなく伝える「Running」、「浴槽に〜あふれる〜」まで射程範囲広くカバーする「overflow」の2語には参った。いや本当に「やられた」と思った。何を勝手にやられているんだか自分でもわからないが。

大事なメッセージをことさら言葉を費やして伝えるか、大事なことだから短く切り詰めて伝えるか。話を大袈裟にして恐縮だが、これはもう文化の違いが今俺の立っている浴室に断層として露呈しているのではあるまいか、と思えるぐらいショッキングな出来事だった。日頃英語について碌に考えていないからなのだろうけど。
語学学習とは畢竟意思を伝えるスタイルを学ぶことなのだ、と改めて思った次第。
タグ:日本語 英語
posted by NA at 02:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

年々歳々花相似たり

otomen.png
歳々年々人同じからず。昨日第一回放映のフジテレビのオトメンで夏帆を見てそう思った。キヤノンのPIXUSのCMでいやな予感を覚えてはいたのだが。
相方の岡田将生が美しすぎるのもいかんのだろうが、引き立て役となっては気の毒である。結構鼻筋がしっかりしてきて、割と男顔なんだな、とか余計なことを思わせるのはあまりよろしくない。某掲示板方面で「劣化」「劣化ほ」と言われているのを見て少し胸が痛む。

夏帆といえばやはり三井のリハウスの印象の鮮烈さを誰もが引きずっていることだろう。彼女ももう18歳。いつまでもそのイメージから脱却できないのは成長中のタレントにとっては不幸なことだ。
オフィシャルサイトの眼鏡っ娘顔はこれはこれで正常進化とみてよいと思うのだが。

むかし会社の仕事でリハウス時代の夏帆を起用する企画が出て、別に広報ではないがたまたま所属していた事業内容の絡みで、私が担当となってエージェントと連絡していたことがあった。誌面の片隅にちらっと出るよくあるコーナーで、これまたよくある「明日のスター」であるとか斯界の期待の星だとかをちゃっちゃっと紹介して、ついでに我が社もよろしくね、みたいなやつである。

だが彼女の話は結局、何が気にくわなかったのか当時の女性上司の鶴の一声でなくなってしまった。という負い目もあって心中ひそかに応援していたのだが(べ、べつにロリコンじゃないんだからねっ!)、すべての少女タレントが迎える転機が彼女にもまた訪れているのだろう。
どうあれおじさんは応援しているので(迷惑だろうが)頑張れ夏帆。別に脱いだりしなくていいから。
posted by NA at 09:46| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

総選挙の日程が公式発表されていない件について

不思議なことに気づいた。
先日解散された衆院の選挙(ところでなんで総選挙と言うんだろう)の期日について、国がオフィシャルにどう広報しているのか興味を持って探してみたが、なかなか見つからないのだ。本当に8月30日に投票が行なわれるのか?

衆院が解散し、選挙日程が決定したとのマスコミ報道はもちろんあった。たとえばたまたま目にとまった四国新聞
 衆院は21日午後の本会議で解散された。政府はこの後の臨時閣議で「8月18日公示―30日投開票」の総選挙日程を決定。自民、民主の二大政党が政権を懸けて激突する40日間の歴史的な政権選択選挙が事実上スタートした。
と22日朝のタイムスタンプで報じていた(過去形で伝えている記事は割と少なかったかも)。さすがにこの内容まで疑わなくてもいいだろう。
だが、その臨時閣議の決定を伝えている国のサイトがどうにも見あたらない。官邸か内閣府、もしかしたら総務省かと見て回ったが、探し方が不足していたのかもしれないが見つからなかった。そもそもこんな大事な話を目立たない所で発表してどうする。マスコミが報じればそれでいい、ということなのだろうか。

思いがけない省庁の所で間接的なアナウンスは見つかった。外務省及び大使館のサイトだ。例によってGoogleで第45回 衆議院議員総選挙 公示 8月18日 site:go.jpをキーワードに検索したら、外務省: 第45回衆議院議員総選挙に伴う在外選挙のお知らせを先頭にずらりと在外投票のおしらせが並ぶ。

第45回衆議院議員総選挙に伴う在外選挙のお知らせ

 平成21年8月、第45回衆議院議員総選挙に伴う在外選挙が行われる予定です。

 今回の衆議院総選挙から、これまでの比例代表選出議員選挙に加えて、小選挙区選出議員選挙にも投票することができます。

などなど。果たして「公示日:平成21年8月18日(火曜日)(予定)」「○ 日本国内の投票日:平成21年8月30日(日曜日)(予定)」と、丸かっこ予定が気になるが一応書いてはある。しかしこれをもって国から国民への選挙期日の公式の通達とみなすのは、どうにも無理筋な気がする。
もしかしたら私が見逃しただけで、テレビラジオCMや新聞雑誌広告はばんばん打っていたのだろうか。全部スルーしたってか。

kanpo.jpgそういえば、と思い出したのが官報のオンライン版の存在だ。探してみたら平成21年7月21日付(特別号外 第16号)があった。ギョメイギョジである。
たぶん各地の役所正面のきったないガラス箱の内側にこれがぺったり公示されているのであろう。しかしこれも解散の事実を告げるだけで日程のアナウンスにはなっていない。
意地になって官報速報でキーワード「衆議院」でここ一週間の官報を検索してみたが
     詔書     
日本国憲法第七条により、衆議院を解散する詔書
    2009年07月21日 特別号外 第00016号 1ページ

     省令     
平成二十一年七月二十一日の衆議院の解散による衆議院議員の総選挙に係る在外公館等における在外投票の時間の特例を定める省令(総務・外務二)
    2009年07月24日 本紙 第05119号 4ページ

     告示     
衆議院名簿届出政党等が北関東選挙区及び東京都選挙区において政見放送を行うことができる一般放送事業者及び当該一般放送事業者の放送設備により行うことができる政見放送の回数を定める件の一部を改正する件(同八)
    2009年07月27日 本紙 第05120号 4ページ
なんてのしか出てこないのだ。なめとんのかコラ。

別に国が外務省と大使館経由でしか知らせなかろうが、ちゃんと選挙は然るべき日に公示され投票され開票されるのだろう。ネットにすべての情報があるとは限らない。ごもっとも。
でも何だかおかしい。選挙の期日という大事な情報が、ネットのみならず紙の官報にもストレートに出てこないのはどういう理由からなのだろうか。在外投票対象者は例外的にアナウンスされているに過ぎないのだろうか。責任者出てこい。というか誰なんだこの場合。
タグ:総選挙
posted by NA at 01:06| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 重箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

iPhoneから画像を転送できなくなったら

備忘録。
iTunesはふつうに使えていたので気づかなかったが、いつの間にかiPhoneが外部記憶媒体としてWindowsから認識されなくなっていた。「マイコンピュータ」を開いてもアイコンが見当たらない。中にしこたま溜まった写真画像が転送できないではないか。もっと早く気づけ>俺

ということで検索してブログ「せうの日記」さんのiPhoneはWindowsからどう認識される?に回答を発見。私の場合、「iPhoneに対して無理矢理ドライバーを導入する」方法で解決した。デバイスマネージャでC:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers配下のドライバを認識させると、再起動させるまでもなくiPhoneがマイコンピュータ内に復活した。めでたしめでたし。せうさん、ありがとうございます。

eclipse.jpgたぶんきょうは至る所で日蝕の画像が撮影されているのだろう。11:20:51に東京都中央区から見た部分日蝕のイメージを転送しようとして、上記の操作が必要になったという次第。
GPS情報も生かした状態で画像をアップしようとして思いとどまる。臆病者め。

欠けた太陽を捉え地点・時刻情報を内部に抱えた無数の画像が、太陽の通過する軌道に沿って帯状に展開している光景を想像した。
少しずつ違うよく似た画像の集積による膨大な記録。それが何を意味するのかはわからないけど、従来の人知を超えたとても大きなことが起きようとしていることは確かだ。何かがやってくる予感がしてひとり震えた。日蝕の日。
タグ:iPhone GPS
posted by NA at 13:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

なぜ公明党と戦わないのか


結局日和ったか小沢一郎、と思わせる結末。NIKKEI NETから小沢氏は東京12区に国替えせず 民主、独自候補擁立へを参照。
 民主党は21日に決まった衆院解散を「政権交代解散」(鳩山由紀夫代表)と銘打ち、8月30日の投開票日に向けて一気にアクセルを踏む。小沢一郎代表代行は17日夜、都内のホテルで岩手4区からの「国替え」が取りざたされる東京12区の関係者らと対応を協議。近く独自候補を擁立し、自らは同選挙区に転出しない考えを明らかにした。
 東京12区は太田昭宏公明党代表の選挙区で、自公政権との対決の象徴として取りざたされてきた。小沢氏は17日の協議で「全国の選挙区に影響を与える重要な選挙区だ。勝てる候補で、親しい人を立てる。一任してほしい」などと力説。来週中に記者会見し、候補者を発表する方針だ。
代わりに鳩山由紀夫が出るのならまだしも、まあぽっと出の元秘書か民放キャスター崩れあたりに振られるのがオチとみた(せめて30代のましな候補にしてほしいものだ)。ネットには出ていないが、朝日の朝刊では「将来の公明党との連携の可能性」が国替え取り止めの理由に挙げられていた。
民主党中心の政権に公明党が参加する頃、冬柴鉄三がいる兵庫8区に切り込んで返り討ちに遭った田中康夫とその一派はあっさり切り捨てられるのだろう。かくして公明党は引き続きキャスティング・ボートを握ることになる。めでたしめでたし。

昨年書いたエントリ(もう八ヶ月も前になるのかあ)で「まあ実際のところ民主党とはそういう大胆な賭けに出る党ではないよな、いろいろな立場の利害が絡んで身動き取れないだろうなあ、とわたくしは見くびっている」とずいぶんえらそうに挑発して見せたが、果たして読みどおりの顛末となった。相手のある勝負事であれば、優勢を意識して守りに入るような緩手を打った側は必ず痛い目に遭うのが常だが、はてさて。
思うところは前回書き尽くしたので繰り返さないが、今回民主党がたとえ自民を制して第一党になったところで、所詮公明込みでの過半数で政権を維持しようという腹ならば大して長持ちすることはなかろう。麻生首相、以て瞑すべし。

「繰り返さない」と書いていながら繰り返しになるが、麻生首相最後の賭けとして自公連立を解消するのがこの際の最善手ではないか、と改めて思う。おそらく小沢一郎の今回の決定の背後には、民主と公明の間で密約とまでは言わないにしても何らの意が通じていることはまず間違いないからだ。自民党と民主党の候補が大接戦を演じている選挙区で、本来自民を支援すべき学会票に多少手心を加える、ということは往々にしてありそうな話だと思う。
裏切るかもしれない味方はもはや味方ではない。このまま支持率低下のバンジージャンプに挑み続けるのも傍目には面白いので悪くはないが、最後にひとつだけ「ぶれない」ところを見せておいた方が「次」の首相の目を残すためにも必要ではないか、と愚考する次第。安倍某とは違うところをきっちり示しておくべきではなかろうか。以上文中敬称略でした。
posted by NA at 09:51| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

子供にインターネットを利用させる親

わたくしは親の指導の下であれば大いに結構だと思うのだが、保守な方々はどう思っているんだろう。とある一家が神宮球場までプロ野球を見に行きましたよ、という記事。Sponichi Annexよりウッチー感激!愛子さまの応援で逆転勝利
 【横浜2-1ヤクルト】敗色濃厚の展開も終盤に五十嵐、林昌勇の必勝リレーを打ち崩して逆転勝利。内川の目は輝いていた。「愛子さまに“WBCから応援しています”と言われていたので、勝利の瞬間を見てもらえたことがうれしい」
 試合前、内川はヤクルト・青木とともに皇太子ご一家にあいさつ。関係者を通じて以前にサイン入りのバットを愛子さまに送ったが「愛子さまがファンで、応援してくれていると言われ、僕でいいのかな、という感じだった。僕のブログをご覧になっていて実家の犬の名前まで覚えていたのでびっくりした。野球人としてめったにない機会だった」と気合が入った。
でそのブログというのは内川聖一オフィシャルウェブサイト。ふつうにアダルトサイトからのトラックバックとかジャーゴンとかAAコメントとかも見受けられるわけですが、まあこれぐらいネットではよくあること。無菌環境で育てるよりも早くから接し方を知っている方がいいだろう。

しかしこの小学二年生、家柄抜きにしてもなかなかただ者ではない。東京新聞の記事によると
 愛子さまは、皇太子ご夫妻が一次ラウンドの試合を観戦した3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を機に、野球に興味を持ったといい、双眼鏡をのぞきながら熱心に観戦。案内役の若松勉・元ヤクルト監督に「左打者が左投手を打つのは難しいでしょうね」と質問する場面もあった。
んだそうだ。関心を持って四ヶ月でこの質問をする女子というのは大したものだと思う。相手が通算二千本安打を達成している左打ちの若松と知っていて聞いたのならばなおさらである。これはもう将来にぜひ期待したい。神宮球場なんてお庭みたいなもんだから毎試合だって通えるぞ。目指せ野球おたく内親王。

ともあれ皇室が気楽にネットを利用しているのはいいことだ。気軽に発信してくれればもっといい。きっとお母さんも自分の名前をキーワードにいろいろ検索したりしてるんだろうなあ。雅子がんばれ。
posted by NA at 13:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 重箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

最近見かけたもの

主に出張先などで見かけたもの。旧型iPhoneで撮影。

eleven.jpg11人いる。レギュラーがシーズン前に固まらなかったのだろう。

sahori.jpg待ち構えている。相談したら投げられるのか固められるのか。

proflie.jpgおまけ。誰か指摘してあげてください。オフィシャルブログpowered by Amebaより。私は遠慮しておく。

manabe.jpgイメージモデル真鍋かをり。こんな仕事受けなきゃいいのに。ブログの女王も今は昔。まあ24時間端末の前にいそうなイメージということか。

b&w.jpg白黒テレビ健在。まだ映るんだな。地デジに負けるな。アダプタつけて無理矢理延命させたりして。

bunori.jpg分折結果。東京・上野のとんかつ「平兵衛」にて。誤字は惜しいが、書いている中身はなかなか興味深い。実際に食してみたが、味はそれなりだった。しかし店の中が半端じゃなく汚いので、再訪するかは微妙。

Lock'nRoll.png自己ベスト。iPhoneユーザーなら多くの人がおなじみのハマり系ゲームLock'n'Roll。私の実力ではPastHourランキングが関の山。コツは真ん中の4セルにいかに役を集中させるかだけど、まだまだ精進が足りません。

redcliff.jpgこれから運転するのか。肝心の映画を見てないのでどういう場面なのかは知らないけど。警視庁交通部、なかなかいいセンスしてる。
posted by NA at 10:57| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 景色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

聞き耳頭巾ふたたび


前夜未明まで仕事をした都合で、昼前に遅めの出勤。乗った電車の向かいの席にはこれと言って特筆するところのない女子高生二人組が腰掛けていた。もう期末テスト前の短縮授業なのだろうか。
空いた電車ゆえ声はよく響く。彼女らが降りるまでの20分間話していたテーマは、同じクラスらしき男子らの顔の大きさだった。これだけ。

「シミズって顔でかいじゃん」
「えー、そんな大きくない」
「肩幅あるからそう見えないけど、けっこうでかい」
「そう? シミズ背もあるし」
「でもバランス悪い。ジュードーって感じ」なんかひどい偏見があるような気がする。
「ヤマグチの方が大きくない?」
「んー、いい勝負?」といった調子で以下名字を変えてえんえん続いた。
「一緒に歩いたら比べられちゃう。恥ずかしい」
「でもわたしらより小さいのも困るよね」などなど、世の中に無責任でいい世代の特権を余すことなく発揮しまくった会話ではあった。

腹に据えかねた私は、やにわに立ち上がって「人様の顔の面積を論ずる前に、おまいらの脚の太さをなんとかしろ」とは言わなかった。大人だし。実際太かったんだけど。
乗換駅で彼女らが降りた後、例によって周りで聴くともなしに聞いていた他の大人たちがどことなくばつが悪そうな面持ちだったのは、会話内容と決して無関係ではなかろう。男子高校生諸君、君らのクラスの女子は、男子のいない所ではこんなことを話しているのだ。知ってたか。

出社して同僚の女子に「なんか顔の大きさばかり気にしている女子高生と乗り合わせたよ」と話したら、彼女(巨顔ではない)はふふふと笑って「そういうものなんですよ今は、ふふふ」とだけ言った。そういうものなんですか今は。うむむ。
いつの間にか男たちを選ぶ尺度が顔面の寸法に変わっていたのだろうか。あるいはもしかして知らないうちに、マイケル・ジャクソン急死がきっかけにでもなって顔の大小が社会的問題となるような変化が起きていたのか。わからん。人より大きいからと言って小さくできるものでもないしなあ。

そこではっと気がつく。もしかしたら対面に座った私の顔面サイズが、彼女らの顔談義を触発したのではないか、と。以後一日中気になってトイレで鏡に見入ったり指で枠を作って外接長方形のサイズを測定したりしていた。まったく女子高生恐るべし。
タグ:女子高生
posted by NA at 01:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

麻生政権末期の風景

多分に朝日新聞バイアスが入っている記事だとは思うが、読んでいてうら悲しいものを感じた。ウケてるかな?総選挙にらみ懸命演説 首相の都議選行脚より。
 「妊産婦健診は14回無料!」「出産一時金は4万円値上げ!」。テレビのショッピング番組よろしく語っているのは、麻生首相だ。東京都議選の応援演説で、「負けると極めて深刻な事態」と懸命な行脚が続く。
 平日は公務が終わった夜、休日は昼間から一気に7、8カ所。都議選告示までに自民公認の立候補予定者全58陣営を回る算段で、既に47陣営を済ませた。「都議選に負けると極めて深刻な事態」と自ら認める通り、総選挙に向けて背水の陣だが、では何を語っているのか。
 首相は通常、沿道の人たちと笑顔で握手しながら事務所に入る。5〜10分程度の応援演説では「これ一本に絞って8カ月やらせて頂いた」とまず景気対策をPR。12日、練馬区の事務所では定額給付金への感謝の手紙を披露し、「休日は高速道路、どこまで行っても千円」。さらに「いま子どもが産まれないっていうのは大変な騒ぎ。妊産婦の健診は無料にします。14回無料!」と訴えると「オーッ」という歓声と拍手が起きた。
 畳みかけるように「出産すると一時金が来るんですが、これは4万円値上げして42万円!」。エコカー購入者への政府支援が始まった翌20日には「エコの車を買えば25万円。25万だぜ?」。テレビのショッピング番組のようだ。
 笑いを取ることにも腐心。定番は第一声で「今日初めて、生で麻生太郎のツラ見た人?」。聴衆から手が挙がると、「テレビで見るよりいいと思った人? お母さん、見る目ある。まだ眼鏡替えなくても大丈夫よ」。
 失言は周辺が心配していたほどではなく、「今回は必ず惜敗を期して」と必勝と言い間違えて失笑を買う程度で済んでいる。
本当は金の話以外も少しはしているのだろうが、現場の受け止め方としてはおそらくこんな感じなのだろう。麻生首相本人もきっと忸怩たる思いで、あるいはやけっぱちになってバラ撒き政策を喧伝しているに違いない。

定額給付金についても、たとえば最新の産経FNN世論調査では評価する人が37.6%(評価しない人が58.4%)にとどまるなど、配ってはみたもののありがたみを感じてくれる人は少ない結果に終わったようだ。一時的に椀飯振る舞いをしても、既に増税された分の一部の返納、もしくは後年度の負担増で返す羽目になることを多くの人が感づいているのだと思う。
国政の抱える多くの問題は麻生政権誕生以前から持ち越されたものではあるが、国の最高責任者としてとりあえず形ばかりにしても対応しなければならない不運は同情に値する。ともすれば傲慢にも見える麻生氏のキャラは、国の勢いがよかったときにはそれなりに頼もしく映ったかもしれないが、このご時世ではまったく逆効果でしかない。

東京都の有権者にしてみれば、都議選は参院選以上に無責任な投票が許される選挙なので(おそらく身近な政策課題の解決は市区の選挙にお任せ)、付和雷同な都民の性格からして自民党と公明党には相当厳しい結果になるだろう。そうなった方が面白いからだ。
となれば、総選挙前の麻生退陣も現実のものとして視野に入るだろう。

個人的には、自民党が次の総選挙で勝つ道はふたつしかないとみている(そう願っているわけではない)。前者は、入閣などと生ぬるいことを言わず、橋下大阪府知事を衆院候補者として立て、当選した暁には橋下氏を首班に政権樹立することを公約する方法。公示前に小池外相や東国原総務相(が別にいいとは思っていないが)など、大胆な人事の次期内閣リストを前面に出して選挙に臨む。つまり、今の自民党を全否定して戦うほかないと思う。
目玉はいろいろありそうだ。村上春樹文科相、なんて本人が受けるわけないか。ガザに行くより100倍ハードル高いぞ。ならば青色LEDの中村修二さんでどうか。当然勝間和代も経済関連ポストで入閣するのだ。あ、でも田母神防衛相だけは勘弁してくれ後生だから。
かつては社会党から首相を立てた連立政権を組むなど、打つ手を選ばず政権維持に腐心した自民党なので、これぐらいの芸当はあり得るかもしれない。もっとも、さすがに自民党本体の解体を伴う博打ともなれば党内分裂は必至だ。患者が自分で手足を切断する手術をするみたいなものだし。しばらく乱世が続くことになろう。
ふたつと言っていながら、もうひとつを書き忘れるところだった。北朝鮮への宣戦布告である。もちろんそれを願っているわけではない。以下略。

妄想はともかく、今の自民党では誰が首相を務めたところでさほどの支持浮上は見込めないことは確かだ。麻生首相の悲しいバラ撒き行脚はいつまで続くのだろうか。都議選どまりか。
posted by NA at 10:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

iPhoneアップデートまめちしき

またはまった。毎度毎度何やってんだか。

・iPhoneのOSアップデートに失敗し「不明なエラー(1604)」とかで画面にUSB差し込めマークが出てしまいリストアも受け付けてくれなくなったら、iTunesを再起動してAltキーを押しながらリストア操作するといいらしい。
・アップデートする前に、既存のボイスレコーダーソフトなどで作ったでかいデータファイルはまとめて消しておくのが吉。

自分もそうだけどAppleという会社もいい加減過去の経験に学んだ方がいいのではないかと思うぞ。
タグ:iPhone itunes
posted by NA at 02:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。