2005年07月20日

下丸子あたり

午前から昼にかけてこのへんをほっつき歩く。
日差しは暴力的に強いが、なぜか湿度は高くないらしく、いつもの粘着く暑さにはならない。
今年は夏中こういう気候が続けばいいのに。

minamo.jpg駅前商店街で「お酒麗食遊房」なる面妖な店種を標榜する「みなも」で昼飯。750円の日替わり定食はメンチカツに煮物に刺身などと分量的にはなかなかだった。
店内のメニュー表示は垢抜けたデザインを目指しているのだが、街の居酒屋風のたたずまいとは若干ミスマッチの感強し。「お酒麗食遊房」の名称もだが、経営路線を巡って内部で際立った対立があるのだろうか、と勝手に想像する。

shimo-maruko.jpg駅前の小さな公園で見かけたブランコと祠。
携帯カメラではどうにもひどい写りだけど、東京とは思えない不思議な感じがした。
posted by NA at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

ガネー舎(新橋)でとりカリィ

朝から寝不足でふらふら。でも最高気温を記録した日に表に出ないで冷房の中でうずくまっているのは何かずるい気がしたので、昼飯は新橋のガネー舎まで歩く。

soupcurry.jpg頼んだのは「とりカリィ」(税込み900円)。鶏の脚に加えて小ぶりのにんじん1本、縦に割ったピーマン1個分がスープの中にごろんごろんと転がっている豪快さである。
スープはスパイシーだが思ったほど辛くはなく、鶏の滋味がよく出ていた。大ぶりな肉や野菜と格闘しながら食う。
カレー欲は大いに満たされた。これでたまねぎやじゃがいもも入っているとなおよし。次回はもう少し腹を空かせて、とりやさいカリィに挑戦してみるつもり。
posted by NA at 20:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

香季庵でひるめし

香季庵.jpg会社の人に誘われて行ってきましたよ。

http://www.gurupita.com/GPT/recommend/japanese/001.html

画像は松花堂ワンプレートランチ(税込1050円)。銀座価格ではあるが、これだけ目を楽しませてくれるのならばたまにはよかろう。実際おいしかったしね。胡麻豆腐よし、出汁巻き玉子よし、魚よし、ごはんよし。
安くはなさそうだけど、今度誰かディナータイムに僕と行ってみませんかだめですかそうですかどうもすみません。
posted by NA at 13:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

築地「魚四季」

skipjack.jpgまたもや築地場内、といっても限りなく勝鬨橋に近い大食堂「魚四季」で昼飯。
カツオ刺身定食(税込み840円だった)を頼む。切り身の大きさ枚数の多さに感動。今度は夜に行ってみよう。
ラベル:築地 魚四季
posted by NA at 14:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

西船橋激変

いつの間にか駅構内に「ディラ西船橋」などという飲食や物販など多数の店舗を揃えた商業施設が断りもなくできていて驚く。←何様のつもりか

ramen.jpg「Imperial Treasure EXPRESS」の鶏煮込み麺(700円)を試す。具の種類が少ないのがちょっと残念だが、味は気に入った。所詮駅のソバ屋、と軽く見てはいけない。平日午後11時まで開いているというのもポイント高し。

このほか、生パスタ専門店「P.style」も安い割になかなかだった。
西船橋と言えば馬を愛する人以外は通過するための駅で、夜には言葉の不思議な美人が道行く人を社長呼ばわりする街というイメージしかなかったが(誇張しすぎ)、改札の内側とは言えお値打ちな店が増えたのは結構なことだと思う。駅周辺の飲食店は大変かもしれないけど。
posted by NA at 23:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

築地

lunch.jpg最初は知る人ぞ知る店だったのがあれよあれよと言う間に有名になってしまった「市場の厨房」で焼魚定食を食べる。
きょうのメニューはメダイのつけ焼きで、実に美味だった。築地力を存分に発揮した一皿といえよう。<なんかえらそう

flower.jpg帰り際にツツジを撮影。五月尽。
ラベル:市場の厨房 築地
posted by NA at 15:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

東京カレー紀行

curry.jpg茗荷谷方面で遅い昼めし。たまたま目についた春日通り沿いの「ナマスカ」にてAランチを食べる。

セットのカレーのうちマトンはなかなかスパイシー。野菜はジャガイモとナスでごくふつうの味。ナンはおかわり可能だった。空いていたこともあったが居心地のいい店だった。
でもトイレはもうちょっと掃除してほしい。雨のせいもあったのだろうけどでアンモニア臭を強く感じた。
ラベル:カレー 茗荷谷
posted by NA at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

カレー日記/舞台探訪

連日暑かったり涼しかったり。おかげで体調がいまいち。
でも、一年で一番いい季節はもう終わったな、という感が強い。多分湿度の問題なのだろう。

curry_fish.jpg昨日は赤坂方面へ行ったついでに、アークヒルズのカレー店「フィッシュ」で遅い昼飯を取る。
手前の「大島ラーメン」で沈没しそうになったが、やっぱカレーでしょう、とそれほど期待せずに入ったらこれが当たりだった。写真のメニューは980円だったが量がたっぷりあったので満足。単純だね。
あとで調べるとキーマカレーが名物らしい。夕方以降の定食メニューもあるようなので、今度サントリーホールで演奏会があったときには再挑戦してみるつもり。

curry_tandoor.jpg今日は中野方面。西武沼袋駅前で飯を食おうと見渡すと、ここにもカレー店「たんどーる」があったのでカレーの精の導きと思って入る。ここもなかなか。「梅カレー」「ゴマカレー」もあるとのこと。こちらも、いずれ機会があれば再訪してみよう。カレーは深い。

mizu_no_tou.jpg近くに「桜の国」に登場する水道タンクがあったので立ち寄る。漫画そのままの景色を撮影。正確なデッサンだ。
あいにく野球好きな女の子は歩いていなかった。
posted by NA at 19:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

仏茄子

photo_diary_2_62_8550262_176.jpg仕事と言えるかどうかは微妙なところだが、とあるレストランのコックさんについて下調べをしなければならなくなった。
「しっかりした舌」「骨太な料理」という業界の評が果たして適切か否か、やはりここは自分で確かめるべきであろう。
ということで、食通の友人を誘って興味津々食べに行く。

photo_diary_2_62_8550262_234.jpg前はいつだったか思い出せないぐらい久しぶりな本格派フレンチのフルコースは、ここ二日間のうち3食がコンビニという、ろくな物を食べていなかった腹にはずっしり堪えた。こういう生活をしている人がレストランに行ってはいけません。
領収書は取らなかった。どうせ社費で落ちないし。

photo_diary_2_62_8550262_208.jpgデザートの左端はなんと甘いシロップで煮た茄子だった。中にはアプリコット。斬新な甘味に挑んだ趣向は買うものの、噛んだ感触はやはり茄子。うむむ。
料理の世界は深すぎる。
posted by NA at 23:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする