2008年06月04日

ソフトバンクモバイルが年内にiPhone発売

ボーナス商戦を控えた時期に、Apple Worldwide Developers Conferenceの直前になぜ?といろいろ謎の多い発表(文言は最小限)だが、とりあえずはSBMがうまくやった、ということだろう。「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社を全文引用。
「iPhone」について
2008年6月4日
ソフトバンクモバイル株式会社


この度、ソフトバンクモバイル株式会社は、今年中に日本国内において「iPhone」を発売することにつきまして、アップル社と契約を締結したことを発表いたします。

SOFTBANK MOBILE Corp. today announced it has signed an agreement with Apple® to bring the iPhone™ to Japan later this year.
しかしこんだけですか。発表のタイミングは東京証券取引所が閉まった直後らしい。
で、早速ドコモの反応も取材されている。iPhone国内販売契約についてドコモのコメント:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2008/06/04より。
 4日、ソフトバンクが日本国内におけるiPhoneの販売について米Appleと契約したとの発表を受けてNTTドコモは次のようにコメントした。
 「iPhoneはアップルファンに訴求できる魅力的な商品なので、今回の発表は残念に思います。今後の対応を検討していきたい。」
 ソフトバンク広報は、Appleと契約したことと、2008年中に日本で発売するということ以外、現段階で発表できることはないとして、発売時期や販売体制、契約は日本国内独占かどうかなど、詳しい明言を避けた。また、NTTドコモ広報も、Appleとの交渉の有無や事前情報や協議の有無などは答えられないとした。
くやしいのうwwwwwwwwくやしいのうwwwwwwwww、と言ったかどうかはさだかではない。

WWDCではiPhone2.0についても発表があるらしいので、当然日本市場に投入されるのも後継機種ということになるのだろう。夏のボーナスでの買い控えをどう防ぐのか、とかソフトバンクは当然先行キャンペーンに走るだろうから各キャリアの囲い込み激化は必然だろう、などなど、今年後半の携帯市場はえらいことになりそうだ。楽しみではある。
posted by NA at 16:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック