2008年04月04日

イヒ・フーレー銀座が閉店していた

いつものことながら所用のついでに、何度か訪れたイヒ・フーレー銀座で晩飯でもと思って久し振りに覗いてみたらいきなり閉店していた。2年未満の短い命だった。メニューの入れ替えぶりを見ていて方向性に迷いがあるのかも、と思っていた矢先ではあった。

もっとも店のウェブサイトにも出ていたが、経営不振のためではなくて入居している建物の建て替えに伴う閉店のようだ。再開発計画にでもかかってしまったのなら仕方ない。
とはいえ銀座とは言っても汐留寄りの一番外れ、下町風情の残る裏通りの目立たぬ場所に隠れ家的に開いていた店ではあったので、千客万来という状態ではなかっただろう。建物の屋上も改造してビヤガーデン化していたんじゃなかったっけな。短期で投資分を回収できたか、ひとごとながら気にかかる。

なじみのレストランが閉まると、いつも「もう少し足繁く通っていたらあるいはつぶれなかったかな」と後悔したりする。良店は地域が育てるものだ。イヒ・フーレー銀座は内外装とも悪くない趣味だったし、知人らと連れ立って頻繁に利用していれば、あるいは別な展開もあったのかもしれない。赤の他人が責任を感じる必要なぞないのだが、ほんの少しだけ心の痛みを覚える。

店のサイトで姉妹店が日本橋に出ていたと知る。地図を見る限りではこちらの方が金払いのよい客層に恵まれていそうな感じだ。三越方面に用があるときにでも食べに行ってみよう。
ラベル:レストラン 銀座
posted by NA at 09:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NAが閉店するの?
Posted by BlogPetのめち at 2008年04月04日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック