2008年01月22日

TR909エミュレータ

リズムマシンの銘機Roland TR909をフラッシュで再現しているサイトがあった。
FL909
これはよいですな。単純だけどはまってしまった。

楽器名をクリックして16分音符16個分のボタンを適当にセットしてスタート。アクセントをつけたいときはシフト+クリック。シャッフルのパラメータをこれまたてきとうにいじればビートは千変万化する(おおげさ)。
わたくしは四分音符♩=102ぐらいでゆるくシャッフルする感じが好きです。これじゃ遅すぎて踊れないかな。でもこれぐらいの方がいつまでも聴いていて飽きない。

高校生の一時期、中古で買ったDR55に熱中していた。電車の中に持ち出してプログラミングするぐらいに。乗り合わせた子供に「それ何のゲームですか」と聞かれたこともあったなあ。あの頃のリズムマシンは、ドラムとはまた別の意味でビートを体現できるギアだったのだ。
あんな箱っぽいリズムマシンって今もあるんだろうか。あのブリキを折り曲げただけみたいな質実剛健ボディがまたよかったんだ。

「大人の科学」のふろくでリズムマシンが出たらいいなあ、と妄想。
posted by NA at 02:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79987164
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック