2008年01月14日

ガッテンソテーうまし

引き続き料理にいそしむ毎日である。今回は少し前にNHK「ためしてガッテン」でやっていた方法による鶏肉ソテーに挑戦。⇒ためしてガッテン:過去の放送:新技発見!フライパン驚きの調理術
おいしい鶏肉のソテーを焼くためのポイントは、鶏肉の中に火が通った瞬間を見極めること。この瞬間を過ぎると、肉は硬くなる一方になってしまうのです。では、肉の内部にちょうど火が通ったタイミングを見極め、かつ、皮もパリッとさせるにはどうすればよいのでしょうか?
で、番組の用意した回答は「弱火による調理法」だったわけだ。ふむふむ。昔ポークソテーで紹介したやり方と似ている。
厚手のモモ肉でやってみた。驚いた。確かに全然味が違う。塩胡椒だけでずいぶん濃い味になるものだ。皮は香ばしく肉は柔らかさを保っている。簡単だけどうまい。大当たり。

この調理法で思い出したのが、かの丸元淑生氏(「システム料理学」にはずいぶん刺激を受けた。まだ活躍しておられるのだろうか)提唱の「パン・ブロイリング」だ。油を敷かなくてもいいんじゃない?
低温で加熱するうちにかなりの脂を含んだ水分が鶏から出るところをみると、ひょっとしたらソテーでなく直火で焼いても結構いけるのではなかろうか。その方がヘルシーではある。
よくよく考えてみればこれって炭火で遠火にして焼いた焼き鳥と同じことか。確かにそういう味ではあった。丁寧に焼けばいいんだよな、要するに。

ということでこれまた大変おすすめです奥様。一度騙されたと思ってガッテン式の鶏肉を召し上がってみてください。ほんとにうまいんだってば。
posted by NA at 04:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック