2008年01月06日

渡辺シチューうまし

渡辺千賀さんご紹介の天国のビーフシチューを作ってみた。市販のシチューの素やデミグラスソース缶を使わずに作ったはじめてのビーフシチューだったが、大変結構な出来栄えだった。のでうれしくて備忘録兼用でエントリ化。

面取りをしたはずのジャガイモが煮溶けて半減していたり、終盤に投入したブールマニエがちと多かったかな(水分が少なかったせいもあろうが、個人的にはあの分量だと粘度が若干高い感じ。調節して入れるべきだった)という細かい反省点はあるものの、ど素人の腕で本格的な味わいのシチューが2時間少々(野菜に手こずった)でできるのだから大したものである。調理のポイントである丸ごと一瓶投入ワイン(鼻雅で200円台。誤変換放置)とカラメルの効果は絶大だった。洋食屋の「あの香り」はカラメル由来だったんだな、と実感。某国産ウイスキーを思い出す。

渡辺さんも触れておられるが、トマト水煮缶よりもペーストとジュースの方が綺麗に仕上がりそうだ。あと、香味野菜はちゃんと束ねてブーケガルニにしておいた方がサルベージ時に手間取らなくて済む(当たり前だ)。そうそう、マッシュルームはちゃんとスライスしなさい<自分。

そんなこんなで昨夜は痛快に食いすぎて(何せ量も多い)腹が重い。ビールも進んだ。高カロリー万歳。何がメタボだこの野郎。
というわけで渡辺さん、ありがとうございました。
posted by NA at 07:51| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしくてよございました。

私も分量適当で作ってるので、時々粘度が高くなっちゃったりします。好みによると思いますが、ちょっとシャビシャビ目の方がくどくなくていいかな、と思います。なので私は、できてから水を入れて薄めちゃったりします。適当ですね。

ジャガイモは種類によっては何日煮込んでもほとんど煮くずれなかったり。でも、ジャガイモが溶けてスープと合体化しても、それはそれでおいしいかったりするんですが。
Posted by chika at 2008年01月06日 15:22
はじめまして渡辺さん!TBしていて言うのも何ですが、ON/OFF and Beyondの愛読者としてはお越しいただき光栄の至りです。
昨夜のめしもおいしくいただきました。煮込みものの常ですが、一晩で確かにパワーアップしてました。私もこうありたい。

シチューは肉の味ももちろんですが、やはりこれは野菜をあれこれぶちこんで楽しむ料理である、と思いました。次回はもっと野菜増量の予定。
以前出張に行ったときに通ったシリコンバレーのスーパー(に限った話ではないでしょうが)は、野菜の種類も量も本当に豊富だったなあ、と関連して思い出したりしました。農業国アメリカ侮りがたしです。ではでは。
Posted by NA at 2008年01月07日 02:40
地球ってなに?
Posted by BlogPetのめち at 2008年01月08日 10:22
管理人様スペースお借りします。
ここでしか読めないあの超人気作品を配信開始!!。+゚(*´∀`*)。+゚
ポイントで読むと10%オフの値段で安く買えちゃう☆
携帯からなら親にもバレずこっそり読むことが出来るかもΣd(・∀<)
配信同人誌数100冊近く!
貴女の中でいつでもイベント開催中(*^∇^*)
http://e-xtreme.co.jp/otome/
Posted by りん at 2008年01月08日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76736032
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「天国のビーフシチュー」再挑戦
Excerpt: 渡辺千賀さんが紹介されていたビーフシチューづくりに今シーズンもまた挑戦してみた。 前回の反省を踏まえて ・トマトペーストとジュースを用意 ・香味野菜はちゃんと束ねる(ダイソーで調理用凧糸購入。ほんとう..
Weblog: Not Available
Tracked: 2008-12-29 10:58