2007年10月09日

ボンナ・カストラ(東銀座)

京橋郵便局で用事を足したついでに、「ボンナ・カストラ」で昼飯。
前から存在は知っていたものの高級そうだったので無意識に敬遠していたのだが、裏通りにランチメニュー800円の看板が出ているではないか。試しに入ってみた。

隠れ家風の外見と違って、店内は思いのほか広いのでびっくり。結構大人数の宴席でも収容できるようだ。
名物はチーズ・フォンデュらしいが、昼間から酔っ払うわけにもいかないのでごくふつうに生姜焼き定食800円也を注文。いわゆる生姜焼きよりもポークジンジャー寄りの丁寧な調理だった(意味不明)。スープとコーヒー/紅茶付きで、場所の割りには頑張っている印象。

しかしフロアを持て余すほど広いんだから分煙すればよさそうなものなのに禁煙席設定はなく、店内には年配のオヤジら(偶然かもしれないがなぜかオヤジ率が異常に高かった。常連なのか)があちこちでスパスパやってくれているのである。換気が悪いのか副流煙もうれつに漂いまくり。これはかなわない。
フォンデュランチ(1,500円)を食べてみたい気もしないでもないが、あの様子では分煙されない限りはきっと行かないだろう。残念だけど。
posted by NA at 21:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック