2007年07月03日

情報処理モデルとしての空調服

とりとめのない思いつきを繋ぎとめるためのメモ。あとで気が向いたらもう少し補足して意味のわかる文章にしよう。

最近家の構造に興味を持っている。まあ一軒家を建てようとしているわけです。
その中でも特に注目しているのが外断熱工法なのだが、これってかの空調服と似ているな、と思った。

(中略)

で、このモデルはさらに拡大して適用可能ではないかと思ったわけだ。
単純に熱として考えても都市単位やさらに言えば大陸規模、惑星規模でも応用できるかもしれない。そして熱というのはいわば拡散していく情報だから、同様の原理はウェブコミュニティや金融などにも通用する話ではないかと。

とここまで書いて、要するに俺はエントロピーについて語っているのかもしれないと気づく。うーん。そういうふうに回収しちゃっていい話なのかな。よくわからないけど、とりあえず思いつきは思いつきとして記録してみた次第。
posted by NA at 10:29| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一軒家を建てるってなぁに?
Posted by BlogPetのめち at 2007年07月03日 16:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46511011
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック