2007年03月22日

築地朝めし

edogawa.jpg早朝仕事のため銀座のビジネスホテル「京王プレッソイン」に宿泊。狭い部屋でLANサービスもなくて素泊まり7,770円はさすが東京価格というほかない。
せっかくなので築地市場場内の「江戸川」で朝飯。近隣の人気店には行列ができていたが、ここはすんなり座れた。たら煮に味噌汁、茶碗飯。味付けが肉体労働者仕様なのか少々塩辛いが、醤油で煮付けたぷりぷりした鱈の歯ざわりは確かに独特のものだ。

tsukiji_morning.jpg多数のターレーなどが行き交う市場を歩いて見学。朝は五つ数えると十秒経っている低血圧ぎみの私には結構めまぐるしい。中原昼夜逆転生活(中原は余計)を送っている市場の人たちにしてみれば今は午後遅くか夕方ぐらいの時間帯(飯屋では酒が当たり前に出ていたからやっぱ夜か)なのだろうから、テンポが合わないのも当然か。

築地市場は鮮魚のほか青果も扱っているが、青果部門を移転させて順次再整備すれば現在地で魚市場を存続させることは可能ではなかろうか、と雑踏の中で考える。周辺の商店や飲食店群も含めて猥雑で活気溢れた市場の雰囲気はそれ自体ひとつの文化財だろう。
もちろん移転したなら移転先で同じようなコロニーが構成されるだろうことは間違いないが、築地場外市場のような闇市的雰囲気までは持っていけないだろう。風の強い日にはマッチ一本でまるごと全焼しかねないようなバラックなので早晩建て替えは必須だろうが、性急な移転論(ましてや理由が東京五輪メディアセンターだか何だかの建築だっけ)には賛成できない、と思った。

order.jpgおまけ。注文の多い料理店。
posted by NA at 07:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック