2007年02月13日

次期モデルはまだか>W-Zero3

W-Zero3を使い続けて一年余り。多くはWindowsMobileというOSの不出来さに由来するものだが、不便な点を挙げたら枚挙に暇がなく不満はありまくりだ。不不不不不不。
それでも何事にも慣れと諦めはあるもので、いつの間にか機械側から見て便利なように使わされていることに気づく。何だか癪である。「寒いよ寒いよ」と文句を言いつつ暮らしているうちにアラスカに順応してしまったエスキモーみたいなものだろうか<いろいろな意味で問題発言

結局カメラ機能には見切りをつけてコンパクトデジカメ買っちゃったし(RicohのCaplio R5。使用感などはまた改めて)、音楽再生機能はiPodの操作性にぜんぜん敵わないと判断して早々にあきらめ、ランチャーにSDカードへのリンクを置くとやたら遅くなるので必要最小限のツールしか設定しなくなったりと、駄目なところは片っ端から見切りをつけて使っている。電話のかけにくさ(標準の電話帳がタコでタコで)もフリーウェア探してどうにかしなければ、とずっと思っているものの、かけにくい分だけ余計な電話をしなくなったメリットもあって(友人と疎遠になるメリットもあった)、未だに手をつけていない。
そんな端末でも通信の道具として何とかやっていけるというのが不思議ではある。携帯なんてそんなものかもしれない。まあ日に50通以上飛んでくる仕事メール(添付ファイル付きが多い)をそのまま転送して端末上で見られるところは確かに役立っているわけだし。

使い方のわずかな変化といえば、テレビ番組などをW-Zero3上で見るようになったことだろうか。miniSDカードの容量が余って仕方なかったので戯れにaviファイルをぶち込んでみたら、大型の液晶上になかなか綺麗に表示されるので感心した。カメラのモニター画面のとろさが頭にあったので、動きの速い画面の追従性のよさは意外ですらあった。ヘッドフォンの音量がいまいち不足ぎみ(iPod付属のを流用しているのがいかんのだろうか)ではあるが、移動の電車の中で前夜のドラマを見たりする分には概ね十分だと思う。YouTubeのflv動画をまとめてaviに変換するユーティリティでもあれば、さらに応用範囲は広がりそうではある。

とはいうものの、より使いやすく高速化した後継機を渇望する思いに変わりはない。私はミーハーなので日本でiPhoneが出たら多分そっちに流れちゃうとは思うけど、そうなる前に何とか次のモデルをどうにかしてほしいものです。WillcomとSHARPの人は頑張るように。

追記:
Vectorにてflv変換によさげなフリーウェアに行き当たる。試してみよう。
Area61 ビデオダウンローダー(Windows95/98/Me / インターネット&通信)
ラベル:W-ZERO3 ビデオ 携帯
posted by NA at 20:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック