2006年05月24日

寝る男

Sleeping.jpg大江戸線できょう出会った風景。福岡や大阪では何度か見たことがあるが、ついに東京にも来たか、という感じだ。
走行中の地下鉄車内でシートに寝ている男に、プライバシーなどあるのだろうか。とは言え肖像権を主張されたら面倒なので、一応目にモザイクぐらいはかけておくことにしよう。

藤原新也さんがブログ「Shinya talk」で「日本をあきらめない」と題して紹介していた写真を思い出した。
 私は世界の国々をおおかた見ているが、写真のように乙女年齢の子が自身をゴミ化するような状況は逆立ちしてもお目にかかることがないし、これはきわめて日本固有の一光景だ。おそらく他の国の人がこの写真を見ると驚愕するだろう。(2005/9/19付)
と藤原さんは書いている。女子高生がこうならば、多少なりとも身なりに気を配っているらしい若い男も自らをゴミ化しても不思議ではない、ということか。逆かな。

こういう景色が当たり前になってほしくない。シートの野放図な占拠から目を背けていると、やがて車内での様々な出来事が目に入らなくなるような気がするから。
もっとも本当は、寝ている男に「他の人に迷惑だから起きろ。具合が悪ければ病院に行け」と話しかけるべきなのだけど、その勇気と余裕がなかった。我ながら情けない。
posted by NA at 23:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック