2010年07月06日

菅直人首相に一度だけ機会を与えてもいいのではないか

いまだに「管直人」と名前を間違えられていることが多い菅直人首相率いる民主党内閣の支持率が早くも急降下している、としきりに報道されている。
どうでもいいがGoogleで「"管直人" -"菅直人"」で検索してみたら約308,000件ヒットした。「"辻本清美" -"辻元清美"」の約92,900件を遥かに凌駕しているのはさすがというべきなのかどうなのか。一国の首相となった以上は「竹冠でなく草冠です」キャンペーンぐらいしてもよかったのに、その暇もなく参院選で敗れて退陣することになるのだろうか。

消費税10%問題での発言のブレが響いているとかどうとかいう解説が多く目につくが、そもそも選挙前に増税の議論をふっかけたというところで支持率が下がるのは当然の展開だった。事前に民主党内で十分議論したとも思えず、なんでこのタイミングでその話題を出すかなあ、と疑問に思ったが、あれが菅首相なりの誠意(誰に対する?)の表れなのだろうか。

私はどちらかといえば民主党には好意的な人間なので(好意もそろそろ尽きかけているが)、菅直人が何もしないでただの選挙管理内閣として終わってしまうのは惜しいとは思う。というか、そもそも首相がころころ変わるのはいい加減にしてほしい。もうずいぶん前になってしまったようだが実は二年前にはまだ顕在だった福田内閣が突然退陣したときにも(福田氏のキャラクターにいささかの好感を覚えていたこともあるが)「まだ変わらんでもいいのに」と惜しむ思いが強かった。何も成し遂げないうちにいなくなってしまっていいのか、と。

ほぼ60年間政権を握ってきた自民党から民主党への権力交代が、ここまでのところ目覚しい成果を挙げていないのは事実だ。政党の枠組みを含めてしばらく政治は流動するだろう。たとえ残ったとしても、民主党も三年後には相応の裁きを総選挙で受けることになろう。
だがそれまでの間、二世三世首相でない叩き上げの菅直人に一度だけチャンスを与えてもいいではないか、と、大甘評価であることは百も承知で私はそう思う。右に左に揺れまくる舟にいつまでも乗っているのはおかしい。もちろん左に傾きすぎて沈んでしまっては元も子もないが。

菅直人が週刊誌が叩くように官僚の手先と化してしまったのであれば、それはもう我々の知る菅直人ではないのでさっさと政界を引退してもう一度お遍路にでも行っていればよろしい。だが今のところ彼はまだほとんど何もしていない。仕事しろ菅直人。
posted by NA at 03:47| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菅直人が拉致実行犯シンガンスの釈放署名したことに対していかがお考えでしょうか。
Posted by らくたろう at 2010年07月06日 07:54
首相、拉致実行犯の釈放嘆願署名「反省している」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100614/plc1006141703012-n1.htm

本人も間違いだったと認めているので、それはそれでいいのではないでしょうか。わかっていて嘆願署名したのだったら問題ですが。
何度謝罪しても日帝支配の恨みつらみを言う朝鮮・韓国の真似事はしたくないものです。
Posted by NA at 2010年07月10日 14:35
12月になりました。今はどのようにお考えでしょうか。
Posted by そめたろう at 2010年12月02日 19:25
民主党政権については、ひとことで言うと失望しています。

政権交代に国民が期待したのは安定ではなくて変革だったと思うのですが、
明確な変化へのメッセージを打ち出せないまま、次々起こる状況に対して
受身の対応しかできず、それもぐずぐずで的外れ、という感じです。一瞬で
結果を出せとは言わないから次代に向けた強いメッセージを寄越せ、と思って
いたのですが、どうやら彼らの頭にはそのような考えはないらしい。

新しいことを成し得ていないという意味では「まだ何もしていない」という
前回の評価はそのままですが、さすがに半年の間無策のままだったのは許し
がたいものがあります。未だに彼とその内閣が何を変えようとしているのか
がまったくわからない。
「熟議」をうたいながらもそれを成立させるためのメカニズムが党内に欠如
しているのがまったくどうしようもないところです。

河村や橋下(主義主張にすべて同意するものではありませんが)が今の時勢
に輝いて見えるのは、彼らが何をやりたいか、そのために何をしようとして
いるかがはっきりしているからです。小泉内閣が成功した手法をそのまま
受け継いでいる。愛知と大阪でムーブメントが起きればそれは必ずや全国に
波及するでしょう。

あと五年ぐらいで日本の政治は彼らまたはそのフォロワーを核とした大規模
再編が行われていてもおかしくないと思います。
民主党はどうやら自民党を下野させるだけのために存在した徒花として歴史
に名をとどめそうな予感がします。
Posted by NA at 2010年12月10日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155557790
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック