2010年04月01日

HDD Regenerator最強

年度替わりにはなぜかパソコンのエラーが多発するらしく(しばらく使ってなかった社用マシンを異動で返却する段になって異常に気づく、というケースもあった)、結構いろいろな人の環境復元などをボランティアで手伝う羽目になった。会社にも当然ながら機器管理担当者はいるのだが、こやつらがまったくあてにならず二言目には「リカバリーしかないっす」としか言わないので、私のような下手の横好きに相談が持ち込まれるのだ。

その中で一番難渋したケースがかの有名なブルースクリーンのエラー番号0x0000007B、すなわち「INACESSIBLE_BOOT_DEVICE」だった。会社のWindowsXP機でこいつが発生し、起動用フロッピー六枚組で立ち上げようとしてもふたたびBSoDが出るという最悪のパターンである。光学ドライブからUbuntu Linuxを使ってディスク修復させることも試みたが、「メディアがない」とか抜かしてあてにならなかった。
持ち主は「USB外付けディスクにデータコピーしようとして不正終了し、その後BSoDになった」とおろおろ話す。きっと作動中にUSBが抜けるか何かしたのだろう。本体のCドライブには重要なデータが入っているとの由。最悪サルベージだけでもなんとかしたい。様々なツールを使って数時間試行錯誤するも、なかなかドライブの中に辿り着けない。

というところでふと「HDD Regenerator」の存在を思い出す。垢抜けないインターフェース、設定できるオプションの少なさなど愛想はないものの、とにかく絶大なる不良セクタ修復能力を誇るシェアウェアだ。原因は特定できなくともこいつに任せたらなんとかしてくれるのでは、と夜通しの修復作業でいい加減疲れて面倒くさくなってきたこともあって、ユーティリティをブート可能なCDに焼いて走らせて放置した。

100GBのディスクを数時間かけてリペア、そのうちバッドセクタはなんとひとつだけだったが、そこが修復されたことで元通りOSが正常にブートするではないか。結構感動ものだった。
今後も何か問題があったらまずはHDD Regeneratorを走らせてからだな、と思った。シェアウェアではあるが、成功時の効果に比して決して高いソフトではないし、何より手軽である。データをあきらめる前に一度試して損はない。
posted by NA at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電網 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145355447
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック