2010年01月16日

シベリア少女鉄道スピリッツ「キミ☆コレ〜ワン・サイド・ラバーズ・トリビュート〜」

新宿タイニイ・アリスでの公演を観に行った。この劇団(今回からいわゆる劇団ではなくてプロデュース公演になったみたいだけど)は初めて。川上未映子さんのブログで紹介されているのを読んで前売り券を入手し、知人の美人を畏れ多くもお誘いして行ってみた。
公演中なのでネタバレは避けるが、漫画家とアシスタントらの仕事部屋を舞台に、前半スローテンポで敷いたそれぞれの片思い風視線をすべて台無しにする壮大な卓袱台返し展開に唖然とする。誰もがわかる漫画とドラマとアニメの最大公約数ってえとあのへんになるのかなあ。

その後、知人の美人と夕食を食べてワインを飲んで珍しくタクシー帰宅。彼女も舞台を楽しんでくれたみたいでよかった。
何も起きなかったし起こす気はなかったし起こる可能性もなかったけど、まあそのなんだ、とても楽しい時間を過ごした。感情飽和量の少なかった昔だったらつい言ってしまいそうな迂闊な一言は言わずに済んだ。大人になったなお前。
しばらく忘れていた感情が心を占めて離れない。でも私の頭には大きな穴が空いているので、きっとすぐ忘れてしまうだろう。
posted by NA at 05:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック