2009年10月20日

映画版「カイジ」はなかなかの拾いもの

いくらなんでも藤原竜也がカイジって無理ありすぎだろ、顎丸いし。と思っていたらあに図らんや、なかなかのはまり役だった。あなどってはいけない。
冒頭のコンビニでバイトをするあたりの演技は世を拗ねた青年というよりは頼りない坊主の風情だったが、物語の進行と共に原作譲りの大仰な台詞がちゃんと似合うようなキャラづくりをしていた。えらいえらい。
多額の予算を注ぎ込まなくとも、原作と主人公キャラがしっかりしていれば骨格がぶれないいい映画ができるという好例だと思った。たとえエスポワール号がぜんぜん豪華客船に見えなくとも、物語の妙味は損なわれていなかった。

画としては単純極まりない「鉄骨渡り」がしっかり見応えあるドラマになっていたのも収穫。原作の感動が損なわれていなかっただけでも評価に値する。失敗する負け組たちを見て喝采を上げるセレブの描写には月並みながら本当に敵意を覚えたもんなあ。そして石田さん役の光石研が好演。彼の演技がこのシーンを光らせた。
そういえば好演といえば地下飯場班長役の松尾スズキもだ。今うさんくさい人間を演じさせたらこの人の右に出る俳優はいないだろう。オーバーアクトぎみの香川照之もマンガっぽくてよかったです。

長大な原作のあちこちを摘んで130分にしているのでかなりせわしい(限定ジャンケンはオリジナルのルール通りにやってほしかったが、まあ細かい心理ゲームは映画向きではないよなあ)し「その展開はないだろう」というところもままあったが、若手女優を出して恋愛展開、みたいな余計なことはせずに直球勝負しているところに好感を覚えた。ほぼ紅一点の天海祐希は事実上男役だからいいのだ。ビバ宝塚。
カイジといえばおなじみ「ざわ...」の音声化には笑った。これから行く人は聞き逃さないように。

ところで公式サイトのフラッシュは重すぎるのでどうにかした方がいいと思った。全部を見て回るには時間がかかりすぎる。暇で金のない負け組の人が観ていればいいということか。
ラベル:カイジ 藤原竜也
posted by NA at 05:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック