2009年08月02日

年々歳々花相似たり

otomen.png
歳々年々人同じからず。昨日第一回放映のフジテレビのオトメンで夏帆を見てそう思った。キヤノンのPIXUSのCMでいやな予感を覚えてはいたのだが。
相方の岡田将生が美しすぎるのもいかんのだろうが、引き立て役となっては気の毒である。結構鼻筋がしっかりしてきて、割と男顔なんだな、とか余計なことを思わせるのはあまりよろしくない。某掲示板方面で「劣化」「劣化ほ」と言われているのを見て少し胸が痛む。

夏帆といえばやはり三井のリハウスの印象の鮮烈さを誰もが引きずっていることだろう。彼女ももう18歳。いつまでもそのイメージから脱却できないのは成長中のタレントにとっては不幸なことだ。
オフィシャルサイトの眼鏡っ娘顔はこれはこれで正常進化とみてよいと思うのだが。

むかし会社の仕事でリハウス時代の夏帆を起用する企画が出て、別に広報ではないがたまたま所属していた事業内容の絡みで、私が担当となってエージェントと連絡していたことがあった。誌面の片隅にちらっと出るよくあるコーナーで、これまたよくある「明日のスター」であるとか斯界の期待の星だとかをちゃっちゃっと紹介して、ついでに我が社もよろしくね、みたいなやつである。

だが彼女の話は結局、何が気にくわなかったのか当時の女性上司の鶴の一声でなくなってしまった。という負い目もあって心中ひそかに応援していたのだが(べ、べつにロリコンじゃないんだからねっ!)、すべての少女タレントが迎える転機が彼女にもまた訪れているのだろう。
どうあれおじさんは応援しているので(迷惑だろうが)頑張れ夏帆。別に脱いだりしなくていいから。
posted by NA at 09:46| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女性ってなに?
Posted by BlogPetのめち at 2009年08月05日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124799514
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック