2009年07月22日

iPhoneから画像を転送できなくなったら

備忘録。
iTunesはふつうに使えていたので気づかなかったが、いつの間にかiPhoneが外部記憶媒体としてWindowsから認識されなくなっていた。「マイコンピュータ」を開いてもアイコンが見当たらない。中にしこたま溜まった写真画像が転送できないではないか。もっと早く気づけ>俺

ということで検索してブログ「せうの日記」さんのiPhoneはWindowsからどう認識される?に回答を発見。私の場合、「iPhoneに対して無理矢理ドライバーを導入する」方法で解決した。デバイスマネージャでC:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support\Drivers配下のドライバを認識させると、再起動させるまでもなくiPhoneがマイコンピュータ内に復活した。めでたしめでたし。せうさん、ありがとうございます。

eclipse.jpgたぶんきょうは至る所で日蝕の画像が撮影されているのだろう。11:20:51に東京都中央区から見た部分日蝕のイメージを転送しようとして、上記の操作が必要になったという次第。
GPS情報も生かした状態で画像をアップしようとして思いとどまる。臆病者め。

欠けた太陽を捉え地点・時刻情報を内部に抱えた無数の画像が、太陽の通過する軌道に沿って帯状に展開している光景を想像した。
少しずつ違うよく似た画像の集積による膨大な記録。それが何を意味するのかはわからないけど、従来の人知を超えたとても大きなことが起きようとしていることは確かだ。何かがやってくる予感がしてひとり震えた。日蝕の日。
ラベル:iPhone GPS
posted by NA at 13:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック