2009年05月28日

東北新幹線の前打音


東北方面の新幹線に乗るたびに、停車駅が近づくと流れる車内チャイムの特定の箇所が気になって仕方がない。意識しないようにしよう、と思うほどついそっちの方に気が向いてしまう悪循環。まったく落ち着いて本も読めやしない。これが人間相手なら恋愛みたいなものか。いや違うな絶対。

上に貼ったビデオで言えば10秒目にあたる。三拍子の楽曲の四小節目、移動ドで書くと
|ミ――レドミ|ファ――ミレファ|ソファミソドシ|ラソファミレド|
となる最後の「レド」だ。実際には「レ」は極めて短く、次の「ド」がすぐ被さる。
装飾音符の前打音なのかもしれないが、それにしてはチャイムの演奏はいまひとつスマートではないのが気がかりの理由だ。ふつうに音価を均等に「レド」と弾こうとしてうっかり指が滑ってしまったような、そんな印象を抱かせる。まあ私が勝手に抱いているんですが。

このチャイムがいつから流れているのかは知らないが、数年では済まないぐらい長く使われていることは確かだ。たぶん10年以上経っていると思う。
そして、音源はどこぞやの電子キーボード(結構安っぽい音だ)であるにせよ、打ち込みではなく奏者が実際に弾いたものを録音してそのままチャイム化したのではないか、と思えてならない。少なくともフレーズの終わりのリタルダンドの感触は打ち込みっぽくない。だとしたらやっぱり生演奏の際にキーボード奏者が中途半端な弾き方をしてしまったのではないか。
しかし天下のJR東日本が、誤りのある(と言い切っていいものかどうか迷うが)演奏を延々と車内に流し続けるということが果たしてあり得るのだろうか。やはりあれは最初から楽譜にそう書いてあったのではないか。でもでもやっぱりあの音はおかしい。気になる。どうしても気になる。

……ということを、仙台や盛岡に行く列車が停車駅に近づくたびに延々数時間にわたってずっと考えているのだから、もう本当に馬鹿としか言いようがない。でも東北新幹線にお乗りの皆さん、あそこの音はすっごく気になりませんか。ぜひ注意して聞いてみてください。なりませんか。そうですか。うーん。
posted by NA at 03:37| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 重箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もいつも同じことを気になっていて仕方がなくて、こちらにたどり着きました!ミレドシラソのラソが変ですよね!
私が代わりに弾いてあげたくなっちゃいます😥💦
Posted by みるきー at 2015年06月12日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120329877
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック