2009年05月16日

民主党代表選の行方

小沢一郎(以下全部敬称略)の辞任を受けた民主党代表選は、早くもきょう行われるらしい。急すぎる。せっかく代表選にかこつけて全国ニュースの枠を独占する機会だったのに何考えてるんだ民主党は。
で、asahi.comによると鳩山由紀夫が優勢なんだとか。マジかよ。
 民主党代表選に出馬する鳩山由紀夫幹事長(62)と岡田克也副代表(55)は15日、日本記者クラブ主催の公開討論で、内政・外交政策や党運営の方針をアピールした。16日の両院議員総会で、同党の国会議員による投票で新代表が選ばれる。朝日新聞の情勢分析では、鳩山氏が優位な状況となっている。
 16日午後の両院議員総会で両候補がスピーチとディベート(討論)をした後、同党の国会議員221人(衆院112人、参院109人)が投票を行って選出される。
 朝日新聞が議員への個別取材などをもとに情勢分析したところ、鳩山氏が自らのグループ(約30人)や小沢氏の支持グループ(約50人)を中心に幅広く支持を固め、過半数をうかがう勢いだ。
 岡田氏は前原誠司副代表のグループ(約20人)や野田佳彦広報委員長のグループ(同)の大勢を固め、菅直人代表代行のグループ(約20人)、旧民社党(約25人)、旧社会党(約20人)の両グループにも食い込んでいる。
 しかし、鳩山氏は、小沢代表の影響力が強い参院で大きく差をつけており、岡田氏は参院や態度を決めていない中間層に照準を合わせ、懸命に追い上げている。組織的な締め付けを嫌って態度をあいまいにしたり、16日のスピーチを聴いて判断したりする議員がまだ数十人おり、両陣営が争奪戦を展開している。
政策はどっちつかずで議員の顔ぶれも玉石混淆ではあるが、少なくとも政権交代可能な政党である限りにおいて民主党は支持に値すると思っていた。しかしいい加減見切りをつけた方がいいかも、という気がする。本当に鳩山代表で次の総選挙に勝てると思っているのか。

小沢側近だったからどうとかではない。鳩山由紀夫個人に恨みがあるわけではないが、文京区に豪邸を構える彼が政治エリートの一族の御曹司であり、いわゆる格差社会の頂点に位置することの意味を軽く考えてはいけない。代表に選ばれた場合、発言とは別に「選挙の顔」としての彼がどのようなメッセージを放射するかを考慮すれば、その選択はあり得ないだろう、と思うのだが。

一人区がもっぱら地方に存在する参院選においては、都市部に多い無党派層を狙ったイメージ選挙よりも組織中心の選挙運動の方がより有効かもしれない。2007年の参院選で民主党が圧勝した要因のひとつがそこにあったことは事実だと思う(安倍政権が自ら墓穴を掘ったのも大きいが)。だが、衆院選は1票の価値が均されている分、都市部の意向がより強く反映される制度になっている。民主党の参院議員らはそこをわきまえているのだろうか。

民主党が今年政権を奪取し損ねたら、おそらく来年の参院選では自民党に相応の揺り戻しがあるだろう。2007年の負け分を相当程度取り戻すに違いない。2013年にも民主党(存在しているとして)は参院での議席をかなり手放すことになるだろうから、この先7年にわたって安定多数を握っての政権交代はあり得ないことになる。やれやれ。民主党議員らは今夕、そういう決断に関与するのだ。わかってるだろうけど。

ともあれ今日の夕方の結果に注目。
posted by NA at 11:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119608833
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック