2009年03月04日

小沢氏は即刻代表を辞任すべきだ

なんか直球すぎるタイトルだけど、本当にそう思っている。あれよあれよと逮捕者が出てしまった。YOMIURI ONLINEの民主・小沢代表の公設第1秘書を逮捕…東京地検から引用する。
 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)が、OBを代表とする二つの政治団体を隠れみのに国会議員らに企業献金をしていた問題で、東京地検特捜部は3日、小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者で小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(47)を政治資金規正法違反(虚偽記入、企業献金の受領など)容疑で逮捕した。
 また、同社前社長・国沢幹雄被告(70)(外国為替及び外国貿易法違反罪で起訴)ら2人を同法違反(企業献金など)容疑で逮捕した。
 海外で捻出(ねんしゅつ)した裏金を国内に持ち込んだことで発覚した同社の一連の疑惑は、政界を巻き込む事件に発展した。
 ほかに逮捕されたのは西松建設元取締役総務部長・岡崎彰文容疑者(67)。特捜部は同日午後、小沢氏が代表者を務める資金管理団体「陸山会」(港区)の事務所を捜索した。大久保容疑者は容疑を否認している。
 陸山会が献金を受けていた政治団体は、同社が1995年に設立した「新政治問題研究会」と98年に設立した「未来産業研究会」。それぞれ同社の別のOBが代表を務め、2006年に解散した。
 発表などによると、大久保容疑者は03〜06年、両団体名義で計2100万円の寄付を受けたが、実際は西松建設からの寄付だと知りながら、陸山会の政治資金収支報告書には、両団体からの寄付であると虚偽の記載をした疑い。国沢被告、岡崎容疑者は06年10月頃、西松建設からの献金なのに、新政治問題研究会の名義を使い、陸山会に100万円の企業献金を行った疑い。(後略)
民主党内では「国策捜査だ」との批判も出ているというが、この際同じ穴の狢らしい自民党の重鎮らもまとめて立件することを東京地検特捜部に期待しよう。

前にも書いたが、私はもともと小沢氏が首相になるということに現実味を感じられなかった。彼は所詮旧世代の政治家であり、国民や世界に向かって公の場で説明することよりも人間関係や地縁を礎に水面下で利害を調整(談合とも言う)し隠密裡にことを運ぶことを好むように見える。日本の政治において自民党に対抗しうる勢力を築いたことは評価するが、彼がトップにある限りそれは所詮第二自民党に過ぎないのではないか、との懸念は払拭できなかった。

西松建設献金問題は、小沢氏が次代の政治の担い手として相応しくないことを改めて示した。今やめてもまったく潔くはないが、速やかに党代表の座を退き政界からも引退することを求めたい。逆説的だが、それこそが民主党の衆院選勝利を確実にする最善手だからだ。
このタイミングで辞任すれば、今民主党から離れる議員や候補はいないだろう。全国で一斉にお詫び行脚なり街頭演説を始めて生まれ変わった民主党への支持を求めればよい。これまで必要とされてきた小沢氏の求心力は、辞職によって最大限発揮される。
今回の政治献金問題は構造的で悪質ではあるが、今のところ小沢氏が私服を肥やしていたという話にはなっていない。速やかに事態を処理できれば決して党勢には影響しないだろう。新しい党代表(やはり岡田氏だろうか)が小沢氏以上の首相適任者として国民に認められれば、麻生政権の対陣も早まるだろう。そうなれば自民党内の流動化も一層激しくなり、総選挙と政界再編も遠からず行われよう。

と民主党寄りの妄想を書いてはみたが、自民党によく似て状況把握能力に乏しく内部手続きにばかりこだわるあの政党のことだから、きっとそうはならないのだろう。とりあえず今日中に小沢氏が進退を明らかにしないことには、民主党には自浄能力がないと判断していいと思う。若手が実名で小沢批判をできるような政党であってほしいのだが。
posted by NA at 07:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック