2009年02月25日

Safari 4 Betaにしてやられた

もちろんβ版だから不具合があっても仕方ないんである。志願人柱が文句を言うなどおこがましい。⇒アップル - Safari - Safari 4の登場です。 - 目の前にひろがる新しいウェブの世界。
新しいSafariブラウザをうちのWindowsXP機にインストールして目の前にひろがったのは、妙ちきりんなフォントに置き換えられたメニューの数々だった。そりゃまあ「英語版のみの提供」という断り書きはあったけど、だったら標準の英字フォントで表示してくれないものでしょうか。

safari.pngPreferencesから設定を変えようとしてもこの有様なので、いったい何をどうしてよいものやら。やるなApple。

以前にもiTunesで言語設定の不具合が発生したことなどがあったと記憶しているが、文字エンコーディングは相変わらず鬼門のようだ。私の環境だけの問題だったりするんだろうか。
ともあれ、いかにレンダリングが速かろうが常用ブラウザへの道は遠いと思ったことだった。

追記:
ありがちな話だが、前バージョンをアンインストールしないで上書きすると文字化けが起きるらしい。以下覚え書き。
一度アンインストールし、さらに
c:\Documents and Settings\%username%\Application Data\Apple Computer\Safari
をフォルダごと削除してインストールし直す。これでもまだ表示の一部が化けているが、ここでPreferencesを開いて三列目のFont smoothing(上の画像では訳のわからん文字になっているところ)をWindows StandardからMediumにすると、ようやく現実世界へと戻ってくるようだ。なんとまあ面倒くさいことよ。
もちろんこういう乱暴なことをやると前バージョンで使っていたブックマークなどは引き継がれない(が、IDとパス情報はどこぞに残っているらしい)ので、必要な方は上記フォルダ内のBookmarks.plistなどそれっぽいファイルを探して適宜バックアップを取っておくのがよいと思われ。

インストールに手間取った分のバイアスもあろうが、そんなにいいかこれ?というのが目下の印象。多機能さではFirefox、レスポンスの俊敏さではGoogle Chromeに軍配が上がる。表示の綺麗さは認めるが、常用するにはそれ以上の何かが必要だと思う。
posted by NA at 11:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電網 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック