2008年08月15日

谷川俊太郎の新しい妻?

猫猫先生のブログを読んでいて驚く。⇒無題 - 猫を償うに猫をもってせよ
先生のことゆえ、例によっていつ消されるかわからないので関係箇所を引用しておく。
こないだ『AERA』の表紙に谷川俊太郎が若くて(谷川に比べると)きれいな女の人と並んで移っていたので誰かと思ったが紹介欄には若い詩人としか書いていなかったが、新しい奥さんらしい。恐るべし谷川俊太郎。
これってどう考えても覚和歌子さんのことだよなあ。詩人はまたしても詩人を好むのか。⇒朝日新聞出版 最新刊行物:雑誌:AERA:AERA 2008年6月16日号

覚さんは以前誰かのライブに行ったときにたまたま主催者の方からご紹介いただいて、名刺をもらったことがある。
もう五年ぐらい前になろうか。そのときは品の良さそうなお姉さん(丁寧表現)だね、というぐらいの印象で、場を辞してしばらく経ってから「あ、千と千尋の神隠しのテーマ曲の作詞をした人だっけ」と気づいたものであった。俺鈍すぎ。

このふたりは最近一緒に映画の仕事をやったとかでインタビューを受けていたりもした。ジブリ映画経由のつながりもあるらしい。
そうですかもうくっついたんですか。ってネット上のゴシップを鵜呑みにしてはいかんが。

ゲージュツ関係者では30歳差カップルなんて別に珍しくはないのだろうけど、さすが谷川俊太郎というか何というか。たしか今年喜寿なのに浮いた噂が流れるとは、まだまだ枯れてない。あやかりたいものです。

追記:
谷川俊太郎の結婚歴については佐野洋子と谷川俊太郎 - BIGLOBEなんでも相談室に出ていた。過去三回離婚とのこと。共著を出すなど佐野さんと一緒に活躍していた頃の印象が強かったのだが、どうやら思っていたよりも夫婦だった時期は短かったらしい。

ほぼ日刊イトイ新聞でも谷川・覚両氏の特集があった。三年半前の記事なので、結構つきあいは長いようだ。⇒だからからだ
この二人がつきあっていたと思って読んでみるとなんだかどうも生々しい内容。本当に俊太郎ってエッチなじじいだと思いました。いい意味で。

再追記(08/18):
案の定、猫猫先生のブログから該当箇所が削除されていた。猫猫先生、もしかしたらガセネタだったんですか? まあこっちも全面的に信じていたわけではないけど。
posted by NA at 18:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電網 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック