2008年08月03日

赤塚不二夫さん死去

長く臥せっておられたので亡くなったという事実そのものに驚きはなかったが、それゆえむしろ訃報に接したときの喪失感の今更ながらの大きさに驚いている。戦後漫画のイノベーターとして、赤塚さんは手塚・石ノ森に比肩する存在であり、あるいはさらに大きな仕事をしていたかもしれない、と改めて思った。記事はasahi.comのasahi.com(朝日新聞社):赤塚不二夫さん死去 「おそ松くん」「天才バカボン」から引用。もう少しタイトルの付け様がなかったのか、と思うが。
 「シェー!」「これでいいのだ!」「ニャロメ!」など数々の流行語を生み、「おそ松くん」「天才バカボン」などで笑いのブームを巻き起こした漫画家の赤塚不二夫(あかつか・ふじお、本名赤塚藤雄)さんが2日、肺炎で死去した。72歳だった。葬儀の日取りは未定。喪主は長女りえ子さん。
 中国東北部(旧満州)生まれ。新潟県内の中学を卒業後に上京、化学薬品工場の工員をしながら漫画を描き、56年に貸本漫画「嵐をこえて」でデビュー。石ノ森章太郎ら多くの漫画家が住んだアパート「トキワ荘」で本格的な創作活動を始めた。(中略)67年、前衛的笑いの集大成「天才バカボン」と“反体制ネコ”ニャロメが登場する「もーれつア太郎」が連載開始。多くの作品がテレビアニメ化され、一大ブームを巻き起こした。02年に脳内出血で倒れて以降は、東京都内の病院で、意識が戻らないまま闘病生活を続けていた。(後略)
「反体制ネコ」のあたりがいかにも朝日らしいが、ギャグ漫画の革命児としての赤塚さんの大きさにもぜひ触れてほしかったと思う。

赤塚漫画の全盛期を同時代に体験したわけではないが、執筆姿勢も含めた破天荒ぶりはかの「武居記者」が書いた本に活写されている。赤塚不二夫以降、日本のギャグ漫画は「面白ければ何でもあり」の混沌に身を投じ、そして新しいギャグ表現に魅入られた漫画家は皆ある種の地獄を彷徨う羽目になる。主要な発表舞台となった週刊漫画雑誌という期日的にも表現的にも縛りの多い刊行形態が過負荷の原因であることは間違いないが、パンドラの函を最初に開けた赤塚不二夫の功績/責任が大きいことは言うまでもない。無論これは褒めているのだ。

幼い頃、貧乏だった我が家では漫画雑誌を買うことなど夢のまた夢で、私は新聞漫画と学習漫画を除くと小学校の途中までほとんど漫画無菌状態で育った。それを見かねたのかどうか、ある日叔父が持ってきてくれた「赤塚不二夫1000ページ」(和田誠・編で「話の特集」から出ていたアンソロジー)のコピーで、初めてギャグ漫画をまとめて読む機会を得た。
仰天した。えらいものを読んでしまった、と思った。何の予備知識もないところからいきなり頂点を読まされる身にもなってほしい。
とりわけ忘れられないのは「もーれつア太郎」の整形手術のエピソードだった。面白さがどこまで伝わるかこころもとないが、詳しい注釈抜きで書いてみよう。

結婚願望の強い「ココロのボス」(ギャングの頭領。タヌキの化け物のようなキャラ)が、女性にもてたい一心で町内の「福笑い病院」(院長はおそろしく破壊された顔かたち)で整形手術を受けることに。しかし院長はほかの女性(これもひどい面相)とデートに出かけるところで、八百屋のア太郎と雇い人のデコッ八に「きみらにまかせるニャーよ」と適当なことを言って消えてしまう。ほくそえむア太郎とデコッ八。
「高倉健みたいなかおになりたいのココロ!!」と手術室に躍る足取りで入ってきたココロのボスを、医者に化けた二人は鍛冶屋の要領でトンテンカーンとさらにひどい顔に改造する。激昂したボスと手下に捕まったア太郎とデコッ八も、仕返しにでたらめな顔に「シリツ」されてしまう。こうなると元の顔に直せるのは福笑い先生しかいない。
だが、福笑い先生はよせばいいのにデートで女性の顔をからかってあっさり振られる。傷心で帰ってきた先生を迎えた一堂は舞台の求愛シーンよろしく手を差し伸べて懇願するが……。いや、これはもう下手な説明を続けるよりも絵で見て貰った方がいいだろう(デジカメ複写補正につき画像が荒いがご容赦を)。akatsuka.jpg

小学生だった私はこの「わひゃーっ!!」にただ呆然とした。なんでこんなすごい場面を思いつけるのだろう。関係ない子分までまとめて顔面破壊されているではないか。なんなんだこれは。
今にして思えば、これは人体毀損漫画の走りだったのかもしれない。

もちろん赤塚不二夫のギャグ表現追究はこんなものでは済まなかった。
スターシステムの中でキャラクターは当初の設定から離れ作品の垣根も越えて様々な世界で遊んだ。「1000ページ」収録の「ア太郎」では、デコッ八と少女ロボットの悲恋を描いたSF仕立てのエピソードなんて泣かせたなあ。連載を重ねるごとに加速し暴走したグロテスク・ナンセンスはそれまでの漫画の約束事を破壊しまくり、「右手を怪我した」などと称してへろへろの線で描写(さらに左手も骨折したとかで「足で描いた」漫画になる)するなどメタ漫画もあっさりこなし、仕舞には筆名すら放棄して「山田一郎」にしてしまうなど誌面をはみ出してあらゆる実験を試みた。
杉浦茂もまたサイケデリックな傑作漫画の数々を生んだが、赤塚の場合複数のメジャー漫画週刊誌上でこれだけ野放図な表現を繰り広げたことが後に続く漫画家の大きな刺激になったことは間違いないだろう。たとえになっているかわからないが、ビートルズがポップスの分野を楽器編成や楽曲構成の桎梏から解き放ったのと同じことを漫画の世界でおこなったのが赤塚不二夫だったのではないか、と思う。

ろくに漫画を読み込んでもいない素人がやけに熱苦しく語ってしまって気恥ずかしい。だが、赤塚ギャグの斬新さと残したものの大きさはまだまだ過小評価されているように思えてならない。赤塚不二夫と彼の意志を受け継いだギャグ漫画の冒険者たちが正当な報いを得られることを願ってやまない。

追記(08/07):
告別式でのタモリによる弔辞が実に感動的だった。歴史に残る名弔辞と言っていい。巨星を送る代表として彼を起用した関係者の配慮に感謝したい。
各紙のウェブサイトで紹介されていたが、もっとも忠実に発言を拾ったと思われる産経版を引用して残しておく。数字は漢数字に書き直した。いつまで見られるかわからないが、YouTube動画も貼っておこう。⇒ノーカット版がアップロードされたのでそちらに差し替え。
 八月の二日に、あなたの訃報に接しました。六年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほんのわずかではありますが、回復に向かっていたのに、本当に残念です。われわれの世代は、赤塚先生の作品に影響された第一世代といっていいでしょう。あなたの今までになかった作品や、その特異なキャラクターは、私達世代に強烈に受け入れられました。
 十代の終わりから、われわれの青春は赤塚不二夫一色でした。何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバーでライブみたいなことをやっていたときに、あなたは突然私の眼前に現れました。その時のことは、今でもはっきり覚えています。赤塚不二夫がきた。あれが赤塚不二夫だ。私をみている。この突然の出来事で、重大なことに、私はあがることすらできませんでした。
 終わって私のとこにやってきたあなたは「君は面白い。お笑いの世界に入れ。八月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住む所がないから、私のマンションにいろ」と、こういいました。自分の人生にも、他人の人生にも、影響を及ぼすような大きな決断を、この人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。それから長い付き合いが始まりました。
 しばらくは毎日新宿のひとみ寿司というところで夕方に集まっては、深夜までどんちゃん騒ぎをし、いろんなネタをつくりながら、あなたに教えを受けました。いろんなことを語ってくれました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。ほかのこともいろいろとあなたに学びました。あなたが私に言ってくれたことは、未だに私に金言として心の中に残っています。そして、仕事に生かしております。
 赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。マージャンをするときも、相手の振り込みで上がると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしか上がりませんでした。あなたがマージャンで勝ったところをみたことがありません。その裏には強烈な反骨精神もありました。あなたはすべての人を快く受け入れました。そのためにだまされたことも数々あります。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかしあなたから、後悔の言葉や、相手を恨む言葉を聞いたことがありません。
 あなたは私の父のようであり、兄のようであり、そして時折みせるあの底抜けに無邪気な笑顔ははるか年下の弟のようでもありました。あなたは生活すべてがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀のときに、大きく笑いながらも目からぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺のときたこちゃんの額をピシャリと叩いては「このやろう逝きやがった」とまた高笑いしながら、大きな涙を流してました。あなたはギャグによって物事を動かしていったのです。
 あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに、前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は重苦しい意味の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち「これでいいのだ」と。
 いま、二人で過ごしたいろんな出来事が、場面が思い出されています。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外でのあの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五山の送り火です。あのときのあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで、一生忘れることができません。
 あなたは今この会場のどこか片隅に、ちょっと高いところから、あぐらをかいて、肘をつき、ニコニコと眺めていることでしょう。そして私に「お前もお笑いやってるなら、弔辞で笑わせてみろ」と言っているに違いありません。あなたにとって、死も一つのギャグなのかもしれません。私は人生で初めて読む弔辞があなたへのものとは夢想だにしませんでした。
 私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言うときに漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。しかし、今お礼を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の一つです。合掌。
 平成二十年八月七日、森田一義。
追記(08/20):
横澤彪さんのコラムで裏話が出ていた。白紙を広げてもっともらしく読むふりをしていた、というのは本当だったらしい。それであの内容なのだから、もう本当に何といっていいのかわからない。すごすぎる。⇒タモリに聞いた 「赤塚弔辞」白紙のワケ: 横澤彪のチャンネルGメン69 :J-CAST テレビウォッチ
 「いいとも」の技術スタッフのお通夜が先日あった。そこでタモリに久しぶりに会った。
 タモリは、「シェー」などのギャグで知られる漫画家の赤塚不二夫さんの葬儀で弔辞を読み、その内容が良かったとか、実は手にした紙は白紙で「勧進帳」だったのでは、と話題になっていた。そこで聞いてみた。
 すると、やはり白紙を手にした勧進帳だったのだそうだ。タモリによると、紙に書いていこうと思っていたが、前の日に酒を飲んで帰ったら面倒くさくなった。「赤塚さんならギャグでいこう」と白紙の紙を読む勧進帳でやることにしたそうだ。
 弔辞は約八分にも及んだ。「赤塚先生」と呼び、そのマンガ作品との出会いから上京後に始まったつきあいを振り返った。そして「私はあなたに生前お世話になりながら、ひと言もお礼を言ったことがありません」「しかしいまお礼を言わさしていただきます」「私もあなたの数多くの作品のひとつです」などと話した。とても真面目で思いのこもった内容だった。
 弔辞のニュースはテレビや新聞でも報じられ、中には文字起こしした全文掲載をしたスポーツ紙もあった。これをつまりもせずに話したのはすごいことだ。しかも何も見ずに。「しゃべる」ということに関して、頭の構造が普通の人とは違うのだろう。
 ところで、勧進帳のどこが「ギャグ」で「落ち」なのか。タモリは言った。「オレのマネージャーの名前がトガシ」。
 「勧進帳」は、山伏姿の義経一行を関所から逃げのびさせるため、弁慶が「本物」と思わせるよう白紙の勧進帳を読み上げるなどして危機を脱する話だ。このとき関所の通過を許すのが富樫(トガシ)左衛門だ。
 なるほど。

  弁慶も シェーと驚く すごいワザ
あと、弔辞の文字起こしについて、「重苦しい陰の世界から解放され」は「重苦しい意味の世界から解放され」ではないか、との指摘がなされていた。⇒ex.www.さとなお.com(さなメモ): 故人にだけ通じる密室芸
確かにその方がナンセンス漫画の巨匠に捧げる言葉としてはふさわしいと思う。ということで引用も修正しておく。
posted by NA at 02:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

さんが2日
Excerpt: 赤塚不二夫さん死去、大ヒット漫画を連発 日刊スポーツ「天才バカボン」「おそ松くん...
Weblog: はるなの日記
Tracked: 2008-08-03 10:21