2008年07月17日

iPhone購入一週間

出張やら何やらでばたばたしているうちにiPhone狂騒曲の第一楽章が終わってしまった。今更「これ、すごくいいっす!」なんてエントリを上げたら空気の読めなさにも程があるが、でも備忘録なので許されたし。

購入したのは発売初日の先週金曜日、立ち寄り先の千葉県某所のショップにて。午前中にダメ元で聞いてみたらあっさり整理券をくれて配給台数内で入手確定し拍子抜け。東京都内とは争奪倍率が一桁違ったようだ。
ただ手続きにはやたら時間がかかってやきもきさせられた。途中でサーバーのレスポンスが非常に悪くなったり、なぜかカードを受け付けてくれなかったり。もっともその時間を利用して、隣のブースで手続き中だった主婦(ちょっとかわいかったかも)にお願いして「ただとも」になってもらい5,000円商品券をゲット(後で送られてくるらしい)。「隣の人と今友達になりました」と言ったら店員が苦笑していた。月の使用料含めたら高い買い物なんだから、これぐらいの自衛はしないとな。知らない奥さんありがとう。

使ってみて、おおむね満足。iPhoneとしては二代目であり事前に情報が大量に流れていたこともあって、最初にW-Zero3を手にしたときの興奮はなかったが、ガジェットにありがちな「欠点も含めて愛する」というようなものではない相当な完成度が達成されていたことに目を見張った。独特の入力体系などに慣れは必要だろうが、これで十分日常用途に使えると思った。
購入翌日から出張に持って行き、出先では飲み会でYouTubeを再生しまくるなどさんざん同僚のおもちゃにされた(ホーム画面に勝手にアダルトサイト登録するなよ)。

別に鈍感を装うつもりはないが、iPhone 3G のダメダメなところまとめで指摘されているConsの大半はピンと来ないものだった。これまで携帯モバイラーで、携帯メールや携帯サイトを多用している人ならばなるほど欠け落ちた機能について不便に思うだろう。だが私の場合デスクトップ並みのインターネット環境を持ち歩けるのが夢だったので(W-ZERO3にもそれを期待した)、iPhoneではそれが完全に実現したとは言えなくとも、かなりの程度満たされたと感じている。

人とネットの常時接続というテーマは、たとえばウェアラブルコンピューターの試作品のようにもっと大仰なかたち、日常生活の作法をかなり捻じ曲げることによって実現するものと思っていた。だが、この端末はそんな勝手な思い込みをやすやすと覆した。
マウスとキーボードというインターフェースは、細かい作業に長けた人間の指先というマニピュレータの性能のごく一部しか引き出していなかったことに今更ながら気づかされる。人間の手はもっと様々なニュアンスを表現可能なのだ。将来、これに高度な音声認識機能が加われば鬼に金棒である。そして端末自体の性能向上はほどほどでも、ネットワークの速度と接続先のサービスさえ充実すればいかような機能も取り込むことはできる。
iPhoneが垣間見せてくれるのはそんな未来だ。道はなお遼遠ではあるが、この方向の先に目的地はある。

独自の操作体系に囲い込まれた端末を尊び、絵文字でしか感情を表現できないような従来携帯のヘビーユーザーは、確かにiPhoneとは相性がよくないだろう。だが、その他多くの人にとってiPhoneは日常とネットの融合した未来へと誘う案内人になると思う。
タグ:携帯 iPhone
posted by NA at 04:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103033078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック