2008年07月10日

すばやいな!

週刊文春のスキャンダル記事を後追いで報じたサンスポ記事に駄反応。流産させた!キャバ嬢告白!藤木直人が不倫より。
 俳優に歌手にとノリにノッている藤木に、衝撃のスキャンダルが炸裂した。
 「週刊文春」によると、藤木とAさんが知り合ったのは昨年10月31日。藤木が全国ツアーの福岡公演後、打ち上げをした場所がAさん務めるキャバクラだった。藤木と意気投合したAさんは、携帯の番号やメールアドレスを交換。翌朝、藤木の滞在先のホテルで「深い関係になった」という。
 その後も不倫関係は続き、11月半ばにAさんの妊娠が発覚。同誌でAさんは、藤木との会話内容や藤木が堕胎を迫ったことなどを克明かつ生々しく語っており、「覚書を交わして数百万円もらいました。精神的な理由からか、流産して…」と激白している。
最近そういうことをあまりしていないのでよくわからんのだが、記事の日付を信じる限りは11月1日以降深く関係して同月中旬までに妊娠が判明していることになる。まあやっててもわかりませんが。
芸能界では中田氏は挨拶みたいなものらしいのでそれはそれでいいとして(<ちょっと待て)、せわしい芸能人にしては藤木氏はずいぶんまめなんだろうな、「半ば」までのせいぜい数週間のうちに「不倫関係を続」けていたそうだが何発打ったのだろう、着床分割はやいな!とかまあいろいろ教訓の含まれた記事ではあった。

サンスポの写し間違いかもしれないし、あるいは週刊文春を読めば速さの秘訣が書いてあるのかもしれないが、おそらく上記引用先には書かれていない様々な事情があったのだろう。Aさんが勢いを維持して12月ぐらいには出産していたらよかったのにね。
posted by NA at 19:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 重箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102591320
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック