2010年07月10日

問題は比例区だ

昨年の総選挙のときに書いたエントリの焼き直しになるが、やはり言わずにはいられない。選挙区はともかく、大勢の中から少しでもましな候補を通す余地のある参議院比例区では、政党名よりも議員となったときの戦闘能力の高い人材が選ばれるべきだと思う。

昨年は有田芳生は新党日本から立候補して健闘及ばなかったが、さすがに今回は民主党比例区に鞍替えした以上はまず通るとしたものだろう。民主党が数合わせで呼んできた芸能人スポーツ選手らに個人名票数で及ばず再び地に塗れるようでは、この国の政治に未来はない。そもそも元からないという意見もあろうが。
というわけでその他の政党の比例区候補のうち、専門性が高く少しでもましな政見を持っていそうな候補を選びたいものだ。

社民党ならば「相変わらずか」と笑われそうだが、やはり保坂展人が通ってほしい。活躍が期待できる一番手であることに変わりはない。福島瑞穂よりも個人票が多く取れればいいのだが、福島瑞穂にはリベラル女性票が大量に集まるんだろうしなあ。社民党が2議席以上取れることを願うしかないのだろうか。それで通らなければ、所属する党を間違えたということだろう。
今回台風の目となったみんなの党(世論調査ではかなりの比例議席が見込まれるらしい)では、何はさておき官僚告発で実績のある若林亜紀を必ずや通さねばなるまい。彼女に国政調査権を与えずして何のための選挙か、とすら思う。この人が警察官僚崩れの後藤啓二弁護士と同じ名簿に並んでいるあたりがみんなの党の醍醐味なんでしょうか。
自民党は極めて迷うところだが、主義主張の違いとウェブサイトの悪趣味に目をつぶって片山さつきか。個々の発言を見ると案外まともなことを言っていたりするのだ。しかしあのウェブサイトだけはなんとかしてくれ。頼むから。
あとは……あー、まあ皆さんのご判断で。共産党とか、本当にもう少し党員個々の発信能力を高める方向で改革した方がいいと思うんだけどねえ。

人にいれたはずの票が党全体の当選者計算に適用される、現行の非拘束名簿式比例代表制選挙というわけのわからん仕組みはとっとと潰した方がいいと思うが、とりあえず今回は、ちっとはできる政治家を選ぶために最適化された投票行動をしたいものである。諸氏の賢明な投票を願ってやまない次第。
posted by NA at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。