2010年05月06日

鳩山首相はもうどっか行っていいから本当

勝手にハードルを上げまくったあげく右からも左からも袋叩きに遭う道を選んだのだから何ともはや。asahi.comの普天間、県内移設を要請 首相、沖縄知事にから。
 鳩山由紀夫首相は4日、就任後初めて沖縄県を訪問し、宜野湾市の米軍普天間飛行場の機能の一部を県内に移設させる方針を仲井真弘多知事らに伝えた。首相は鹿児島県徳之島も移設先として検討していることを認めたが、具体的な内容について説明しなかった。「最低でも県外」としていた首相に沖縄県側は反発を強めており、今回の訪問で5月末決着が絶望的な状況を打開することはできなかった。
 首相はまず、沖縄県庁で仲井真知事と会談。「県外移設の実現を期待する声が高まっている。普天間飛行場の危険性の除去と、沖縄県の基地負担の軽減に取り組んでいただきたい」との知事の要請に対し、「現実に日米の同盟関係、近隣諸国との関係を考えた時に、抑止力という観点から(国外移設は)難しいという思いになった」と説明。
 さらに「(普天間の機能の)すべてを県外にというのは現実問題として難しい。沖縄のみなさんにもまた、負担をお願いしないとならない」と県内移設に理解を求めた。
私は夢想が好きだ。もしかしたら平和憲法をタテに在日米軍の駐留を撤廃する大技を鳩山首相が仕掛けてきて世界中上を下への大騒ぎ、という事態を心のどこかで期待していた。もちろん鳩山首相が優柔不断の坊ちゃん政治家であって自主憲法制定論者でもあって、地方政治に対する影響力はゼロに等しいであろうことはだいたい想像できていた(しかし沖縄行が就任後初めてだとは思わなかったなあ)。懐刀たるべき官房長官にあのような融通の利かない人間を選んだんだか押し付けられたんだかでは込み入った利害の調整などできるはずもなく、ひどいことになりそうな予感は募るばかりだったが、それでもなんかウルトラCはあるんでないか、沖縄でちっとはましなことを話すんではないか、と心の底でちみっとは思っていたのだ。

いやあ、大間違いでした。この人問題の所在がぜんぜんわかってなくてそれをそのまま喋ることが誠実だと思ってました。我々は米国の属国であることを公然と認めました。もう本当しょうがないこれは。誰が相手かわからないけど笑ってごまかしたい。なんというか、身内では全然ないけどスーパー身内の恥感覚。穴掘りたい。

就任後の第一声あたりで「沖縄の米軍基地はしかるべき期間中に全廃する」とかなんとか打ち上げていれば、おそらく米国も「すわ大変だ」と懐柔大行進なり公式の抗議なりを打ち返すなどして、オープンな場であるべき日米同盟の未来像を協議する契機をつくることはできただろう。もちろんこれは大博打であってこの提案自体の成算は非常に薄いが、政権交代というものの意義のひとつは前例にとらわれない問題提起にこそあるのであって、結果として基地は残るにしても、これを機会に対等の立場で議論を行うことはできたはずだ。でも彼と彼の政権はそれをやらなかった。というか怠った。八方美人的に振る舞って掛金のレートを一方的に上げたあげく高転びした。馬鹿ではないのかもしれないが馬鹿のやることをやっているので馬鹿と言ってもいいと思う。

と書いて、これは自分が仕事などで失敗するときのまさしく王道パターンと同一であることに気づいた。同僚や取引先に気兼ねして強いことを言えず仕事を抱え込むだけ抱え込んだあげく納期には遅れる予算足を出す出来は最低、というコンボ。日本人気質の最悪の部分、というと「俺は違う」と怒る方も少なくなかろうが、我が国がかつて第二次世界大戦で逆ギレの末に大炎上をやらかしたロジックもまたこれと相似形であって、そういう意味では政権交代の節目に全く我々にふさわしい首相を我々は選んだのかもしれない、と思う。であればこその身内の恥感覚か。

ともあれ、この強烈な終わった感は何なんだろう。次の首相(もう代わると決めてかかっている)は選挙でも経ないことにはゼロからのスタートはできないので、取れる方策などたかが知れている。日米当局者が大規模部隊による上陸戦がどこで起きうると思っているのか知らないが、海兵隊の日本駐留自体は今後も既成事実として積み重ねられていくのであろう。迷惑施設押し付け合いでしかない米軍基地移設論争の不毛もまた続くのだろう。
posted by NA at 00:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。