2010年01月23日

「アバター」についての今更コメント


2009年末から年明けにかけて大ヒットした3D映画「アバター」の感想を書くのを忘れていた。基本的にはよくできた今風電影見世物でありあまり深読みせずに楽しむのがよかろう、と思ったのでとりわけ書く必要も感じなかったのだが、あとになっていろいろ思い出してきたので。以下当然のようにネタバレだらけなので行間ちょと空ける。
 
 
 
 
 
 
 
・主人公が下半身不随の元海兵隊員、というシナリオ設定は要するに「強靭な肉体を取り戻すことを切望する、極限状況に適応可能な人材」という位置付けだったのか、と納得。最初にアバターと接続したときに見せる興奮状態はなんだか大袈裟過ぎて変だと思ったが、あそこまで強調しないと人類を裏切り異星人のために戦うことになる動機付けにならない、と判断したのだろう。「ナウシカ」や「もののけ姫」などで異種共存物語に慣れすぎている(というかこの手の異種対立ストーリーの落とし所は基本的に共存共栄っしょ、みたいな)日本風作劇術との感覚の違いを少し感じた。
・ところでやっぱり宮崎アニメの影響ってあったんですかねえこの作品。誰かインタビューで触れていないのかな。
・ベトナムのジャングルとインディアンの延長(赤だと露骨だから青く塗った)みたいな原住生物ナヴィが登場する本作は、アメリカ合衆国の原罪に対する告発か、みたいに気負って観始めたが、まあよく考えたら直接間接的にそういう見立てのできる映画はキングコング以来今までにも随分あったわけで、特に強調することでもないのだろう。ただ侵略を指揮する海兵隊の大佐(スティーヴン・ラング好演)が、筋肉馬鹿でまるっきり問答無用の悪役という扱いなのには少し驚いた。途中で命令放棄して反旗を翻す女性パイロット(ミシェル・ロドリゲス)の扱いもちょと新鮮だったかも。
・3D表現(もちろんこっちで観た)は、すごいというよりも物語の中で浮いていないことの方に驚くべきなのだろう。いかにも3Dでござい、というこれみよがしな利用(観客の方に物を飛ばしてスリルを味わわせる式の。昔は多かったなあ)はほとんどなく、全編が当たり前に3Dで表現されていた。
ただ私の観た上映館だけの問題かもしれないが、思ったほどジャングルの雰囲気が立体的に表現されていなかったのは、ひとつには音響がうまく使われていなかったからではないか。もっと密林感を演出するサウンドの使い方があったと思う。視点が切り替わるたびに音の方向が変わるのも不自然だが、見た目の奥行が増した3D映画での音響効果の扱いは今後大きな課題になるのではなかろうか。
・シガニー・ウィーバーは樹木と一体化して惑星の意思を体現する存在になるのではなかろうか、と思っていたが外れた。地球人は所詮よそ者、そこまで出しゃばってはいけない。しかし彼女はどこでもシガニー・ウィーバー役以外をやっていないような気がする。大女優というのはそういうものか。
・3D映画は盗撮は難しいし家庭での再現も金がかかりそうなので、短期的にはブロックバスター映画の主流を占めそうな気がする。3D再生設備が広く一般的になれば、映画以外のソース(オペラとか歌舞伎とか人気歌手のライブとか)も流すビジネスが大きく育つだろう。違法コピー対策にはコピーできないものを、という、大量複製を前提とした20世紀の手法を否定する新たなメディア展開がここから始まるのかもしれない。
ラベル:アバター 3D
posted by NA at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする