2009年12月22日

イングロリアス・バスターズを観た


クエンティン・タランティーノの新作「イングロリアス・バスターズ」が不入りとの評判を聞いてあわてて駆けつける。正月映画が年内に打ち切りになるわけがないんだけど。果たして館内は半分以下の入りではあった。もったいないことである。こんなめちゃくちゃな映画はそうそう観られるものではない。

一応「絶賛公開中」らしいのでネタバレは避ける。ただ、アメリカの戦争映画なのにドイツ軍人がドイツ語を喋りフランス人がフランス語を喋る(当然ドイツ人はフランス人にフランス語で話しかける)というところでまず笑いがこみ上げる。ドイツ人女優が英語しかできないアメリカ人を馬鹿にする場面もあったりして。
そしてアメリカのユダヤ人によるナチ抹殺特殊部隊(何しろ虐げられた同胞の復讐なのでどんな残酷なことをしてもいいんである)のいかれ加減に悶絶。野に放たれた破綻者の群れが嬉々として気高いドイツ軍人を虐殺して回る様に唖然とするしかない。戦争映画のゆかいさはそのままに、善玉悪玉の構図をまるごとひっくり返したかたちだ。

善玉と書いたが別にナチが善行を施すわけではもちろんない。クリストフ・ヴァルツ演じるハンス・ランダSS大佐は多国語を操り言葉で相手を追い込む存在で、この長い(約二時間半)映画のかなりの部分は彼の活躍を描写することに費やされる。戯曲の映画化かと思えるほど場面転換は少なく、戦争映画の癖にアクションのある場面は非常に希だ(それゆえに時折吹き荒れる暴力が極めて印象的でもある)。

面白いな、と思ったのは、延々と続く会話劇によるサスペンスの演出される場面は必ず飲食を伴っていることだ。とりわけラパディット農園でのミルク、カフェでのシュトルーデルはその白さで強い恐怖を表象していた。見知らぬ他人との食事は極度の緊張を強いる。それが悪意を秘めた存在であればなおさらだろう。会食が苦手な人間として大いに納得した次第だ。

作中で上映される映画の画面構成や登場人物が口にする映画や名優の名前は、きっと映画マニアならば直感的に理解できるコードを含んでいたに違いない。クライマックスの相撃ち場面や炎に浮き上がる嘲笑のイメージにはどこか日本映画にも通じるテイストを感じたのだが、原典がわかろうはずもない。「ホット・ファズ」のときに感じた残念さをまた味わうことになった。
まあいい映画とは必ずまたどこかで出会えるはずだから、それまでにいろいろ観ておくさ。タランティーノ元ネタ総解説、みたいなサイトも既にあるかもしれないし(それはそれでまた味気ないかもしれぬが)。

ともあれ巷間に伝わる史実がどうとかいう話は忘れて映画館に赴けば、せわしない師走の二時間半を費やすに足る映像体験ができることは請け合う。クリストフ・ヴァルツの鬼のような名演技もいいが、唇を歪めて馬鹿(というか性格破綻者だ)に徹したブラッド・ピットの阿呆ぶりもまた観るに値する。負けたことに無頓着な馬鹿ほど始末に負えないものはないよな、本当に。
posted by NA at 09:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする