2009年11月29日

持てる者が奪われるドラマを観たい

九日間にわたった、政府の行政刷新会議による事業仕分けが終わった。もとより人間のやることに無駄がないはずがない。不断の洗い出しは当然行われるべきで、そのことに異を唱えるつもりはない。また個々の仕分け判断の当否については既に様々な議論が繰り広げられており、特に付言できるような内容も思いつかない。ただ、それ以上に興味を持ったのは「事業仕分け」そのものに対する一般の関心の高さだ。残酷な期待の強さとでも言おうか。

従来密室で行われていた予算策定のプロセスを公開の場に移したアイデアは画期的だった。そしてマスコミによる報道のみならずtwitterやUstreamによるダダ漏れが可能になったことが新たな報道スタイルをつくりネットユーザーの関心を惹きつけたのは間違いない。
だが何よりも大きかったのは、「事業仕分け」が決して十分ではないにしても表題に書いたような一般国民の願望を叶えたからではなかったか、と私は思う。

少なくとも郵政政局以来、日本の市民感情=世論の最大の原動力は嫉妬ではなかったか。既得権益を享受している人・グループの存在を明らかにすれば、有権者の怒りはそこに集中する。全体におけるバランスやその結果何が起きるかなどの影響が顧慮されることはない。そんなむずかしいことを言われても怒れないからだ。
持てる者への嫉妬の感情は無論新しいものではないが、以前はそれを無分別にあらわにすることへの躊躇もまた併存していた。いつかは自分もまた持てる者になれるかもしれないから、という希望が歯止めをかけていたのだと思う。成長が自明の前提だった時代が終わり格差の固定化が露呈した頃から、日本人は内面の嫉妬を押さえ込むことをやめた。

夏の終わりの総選挙では自民党は既得権益の側に立つ政党とみなされ、ゆえに惨敗させられた。そして事業仕分けでは、説明に奔走した官僚が実際どこまでの権限を握っていたかはわからないが、彼らは既得権益を代弁する側とみなされ公開処刑よろしく持っていたとされたものを奪われるゲームの主人公となった。
さて、奪われるドラマの次の主人公は誰だろう。総選挙で辛うじて生き延びた自民党長老らあたりが似つかわしい気がする。生存者を新たな災厄が見舞う第二幕。官僚らは彼らの口利きや工作の記録を山ほどファイルしているに違いない。いかに彼らが人脈や金脈を駆使して私腹を利していたか、来年の参院選の前あたりを狙ってひとりまたひとりと暴き立てる戦略を民主党が講じていてもおかしくはないだろう。走り出した革命はギロチンにまで行き着かねばならない。やり場のない怒りは世界のすべてがなくなるまで燃え尽くさなくてはならない。我々の文化大革命は始まったばかりだ。
posted by NA at 11:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

必要ほぼ十分なAspire1410に携帯PC時代の終わりを予見してみた

少し前からtwitter利用頻度が高まり、もともと私の言いたいことなど140字以内で収まるものばかりなのでブログとはかなり疎遠になってしまった。日本語の140字と英語の140字では包含される情報の性質がかなり違う。英語のそれが省略語頻発の瞬間芸もしくは単なる外部サイトへの誘導元の様相を呈するのに対し、日本語だとニュアンスは尽くせなくともひとつの話題として起承転結まで備えた文章には十分なり得る。twitter内だけでかなりの情報流通が完結している。
では果たして中国語ではどうなのだろう。イラン大統領選の例に倣って、遠からず訪れる(本当か?)中国全土での人民蜂起の日、衛星インターネットサービスを経由して140字内の簡体字情報が飛び交うのだろうか。ちょっと楽しみではある。

閑話休題。秋から仕事環境が変わったのを機に表にPCを持ち運ぶ機会が激増し、社有品のA4ノート(3kg超)ではさすがにつらくなってきたので、Windows7発表と同時に出たAcer Aspire 1410を購入した。ノートPCと言っていいのかどうなのか知らないが(CULVノートとかモバイルブックとか、このへんのジャンル分けはよくわからん)、携帯できるPCとしてはそこそこよさげでしかも安い。ATOM搭載のネットブックと違っていちおうデュアルコアのCPU積んでいて、画面解像度も11.6インチで1366x768pxと家のテレビと同じだ。衝動買いしておもいっきし後悔の涙に暮れたLOOX Uの二の舞にはなるまい、と信じて手を出した。デフォルトでWindows7の64ビット版搭載なので、メモリは4GBに増設した。ちなみにメモリカバーのねじはなめやすいので気をつけよう。

んで結論は、キーボードなど一部で値段相応の安っぽさも感じられはするけど、実用上はほぼ不満無し。出先用ゆえそれほど重い仕事をやらせているわけではないということもあるが、文書作成やネット利用などの日常作業に関して言えばストレスを感じず使えるレベルだった。性能とは関係ないところで言うと、ぴかぴかの筐体が指紋だらけになりやすいところがちょっとアレではあったが、まあ些末な問題ではある。
webカメラも付いているしUSBポートは三つあるしメモリカードも読めるしまだ使ってないけどミニHDMI端子もあるしで、拡張性にも不満はない。これが5万円内外で売られているんだからすごいよなあ。

PCのコモディティ化もいよいよ最終コーナーにさしかかった気がする。外付けでそこらへんの薄型テレビを容易に利用できるのであれば本体のLCDがこれ以上高解像度になる必要はない(横1366は十分広いが)。いずれ出るGoogleOSはおそらくブラウザ関係以外の余計なサービスを切り捨てて相当軽量になってくるであろう(そうだといいな)から、CPUが現在以上の高性能を要求される局面は少なくなるだろう。
もはや10万円以上のモバイルPCはほとんど息の根を断たれたと言っていいのではなかろうか。デスクトップ市場同様、ここで付加価値をつけて勝負し続けるのは相当厳しい。熱心な信者がいるSony VaioとPanasonic Let's Note、Lenovo ThinkPadも盤石とは言えないのではないか。ましてやキャラの立っていないその他のメーカーは言わずもがなだ。東芝のかつての栄光今いずこ。富士通?何ですかそれ。

遠からず出先でのネットワーク利用は、至る所に用意されたネット端末か高機能化した携帯の二極に収斂するのだろう。ここ20年ほど続いたキロ単位の端末を持ち運ぶ時代はもう終わりに近づいていると思う。個人的にはこれが自分で買った最後のノート(だか何だか)パソコンになるのかもしれない。
posted by NA at 06:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

魚づくし

uo.jpgしばらく使っていなかったiTunesを起動してiTSに行ってみたら、文字がすごいことになっていた。寿司屋の湯飲み状態。程なくして9.0.2へのバージョンアップを促すポップアップが出たので、おそらく既知の不具合だったのだろう。……と思って待っていたら直ってないぞコラ。もちろん予定していた買い物は中止だ。

ここでようやくまじめに検索して(およそふた月前に旬な話題だった模様)、iTunes 9 for WindowsでiTunes Storeにアクセスすると文字化けする問題 : Safari Realizedのコメント欄で紹介されていたiTunes.cssの書き換えによって解決した。
もともと変な字形だったのが気になっていた「MS ゴシック & MS 明朝 JIS2004 対応フォント (KB927489)」をこの際アンインストールしようかと思ったが、「プログラムの追加と削除」にもはやエントリが見あたらないため消しようがなかった。メイリオの行間は広いので若干表示が間延びした感はあるが、さほどの問題ではない。

綿密に探したらオフィシャルサイトでの何らかのアナウンスがあったのかもしれないが、少なくともGoogleで上位に来るのはユーザーによる発信ばかりだ。Apple Japanのこれまでの対応を鑑みると、今回も知らぬ顔を決め込んでいたとしても不思議ではない。
個人的にはJIS2004対応の有無が問題になるような文書を作ってはいないし、Microsoftのフォントが何らかの標準に反していたのが原因だった可能性もあるのかもしれないが、それでも後発のソフトウェアの不具合の解決策が既存のフォントのアンインストールということではやはりまずいのではないか、と思う。
周辺で利用者が増えてきたこともあり、次のノートPCを思い切ってMacBook Proにするか、と考えていた矢先だったが、尻込みさせるには十分なできごとではあった。Macだけ使っている分には問題はないのかもしれないけど。
ラベル:itunes 文字化け
posted by NA at 02:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 重箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。