2009年08月29日

(選挙後の)自民党に期待する

総選挙の結果はどうやらこのまま民主党の圧勝で終わりそうだ。
自民党がjimin.jpドメイン内で展開している、ネガティブキャンペーンというよりはもはや公認怪文書(「怪」は出所不明の意味ではなく内容についてだ)とも言うべき悪口雑言の数々は、1955年以降ほぼすべての期間で日本の政治を担ってきたこの政党の断末魔を示すものとして末永く記憶とウェブ魚拓に残るだろう。
他方で民主党のラベルが貼ってあればそうとうめちゃくちゃな候補も議員バッジを獲得する状況にあるらしく、このへんは1989年、1993年、2005年あたりの選挙と何ら変わりはない。自民党にも石破茂のような真っ当な人間はいるので、彼らが引き続き国政に携われるよう、各選挙区の有権者の慧眼に期待するほかない。

改めて思うのは、明治維新との類似性だ。ビバ維新、ということではなく、一度「政権交代」の流れができたらとにもかくにも意義そっちのけで重心が一気に傾いてしまう付和雷同的国民性の変わらなさ、の方に関心がある。
歴史について専門に学んだわけでもない私が書くのも僭越だが、もともと尊皇攘夷を掲げて蜂起したはずの反幕府勢力が、列強との差の大きさや政治制度を学ぶにつれて当初の主張はどこへやら、とにかく形式的には大政奉還というかたちで政権奪取は貫通したものの理念的にはまるで違うかたちの結末を迎えたのが明治維新だったと思う。
93年総選挙も政策的には既存政党とどこがどう違うのかよくわからない新党ブームで一時は自民党が政権を失うところまで行ったが、今回のえじゃないか的民主党政権樹立(明日の夜の話だが)もその意味では同じだ。政策は選択肢ではない。マニフェストの詳細を取り上げて「だから民主党政権はとんでもない」と論ずる自民党のスタンスは、そもそも前提からして間違っている。誰もそんなもの読んでもないし気にしてもいないんだから。

93年は55年体制最後の切り札だった社会党カード(この政党は野党でありながら、最後まで総選挙で過半数を窺えるだけの候補者を立てることはなかった)を使うことでアンシャン・レジーム側が政権奪還に成功、さらに2001年にはこれまた禁じ手だった小泉純一郎の登用でさらに延命してきた自民党ではあったが、小泉内閣はまさしく人工心肺でしかなく、外したら機能が停止するだけの存在だった。というわけで2006年以降の自民党は政党としては事実上脳死状態で、個々の臓器だけが長らえていたのだろう。

まあそんなことはどうでもいい。
選挙後にこの党が「自民党」の看板を保つかどうかはわからないが、おそらく相当数の重鎮が落選するか、比例区で復活するにしても党内基盤の多くを手放し権力を喪失することになる代わりに、若手が台頭して精悍な保守主義を軸とした機能的政党に生まれ変わるならば、次回以降の選挙で必ずや国民に必要とされるであろう。
明治維新の主役は10代を含む若い志士たちだった。各地で誕生している30代市長は、今この国を覆う変革機運がもたらした以外の何ものでもない。本人は政治に直接かかわることに興味があるかどうか知らないが、切込隊長のようなイデオローグを中核に据えて若い世代の意見を中心に建て直しを図ることが急務だろう。まあだったら「自民党」でなくてもいいじゃん、ということになるのかもしれないが。

二大政党制は結局よく似た双子の鵺のような政党を現出させるだけで、あらゆる権益層に配慮しまくってばらまき合戦に勝った方が政権を獲得するということになるのかもしれない。だが、大敗して既存のしがらみから一度すっぱり切れた後の自民党だったら、あるいは別な展開もあり得るのではないか、と思う。
2ちゃんねるあたりに棲息している頭でっかちにイデオロギーを振り回す自宅警備の若者らに媚びを売る必要はないが、官僚であれ産業界であれ、老人の支配に飽き飽きしている若い世代に必要とされるような、そういう政党に生まれ変われるのであれば今回の大敗も決して無駄にはならないだろう。死亡宣告はまだだけど、自民党の復活に期待したい。
posted by NA at 14:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

比例区は自公民以外に

新聞各社が次々「民主党300議席」を打ち出す中、BIGLOBEニュースに民主党 歴史的大勝で比例区候補が足りない!という記事が出ていた。元ソースは日刊ゲンダイ。
 たとえば北海道だ。民主党は12の小選挙区で全勝の勢いだ。となると、比例区で救われるのは単純比例候補だけになるが、民主党は4人しか名簿に登載していない。
「4年前は比例の獲得議席は3でしたが、今度は4議席が確実。もし5議席なんてなったら、候補が足りなくなります」(民主党関係者)
 前回総選挙では、大勝した自民党が東京ブロックで比例候補が足りなくなり、他党に“当選枠”を回した。それを教訓に、民主党は東京、南関東ブロックなどでは比例候補を十分用意している。だが、中国ブロックは1人だけ、九州ブロックも2人である。地方の方が民主党へのなだれ現象が起きているだけに、「候補が足りなくなった」なんて事態も大ありだ。
おめでたい話ではある。比例区候補ひとり当たり600万円の供託金を惜しんだばかりに当選をフイにするケースがあちこちで出てくるかもしれないとは。
まあどのみち民主党圧勝の勢いは変わらないのだろうから彼らにとっては些細な問題なのかもしれない。だが、小政党にしてみればその一議席は喉から手が出るほど(なんというホラーな比喩)ほしいに違いない。

ブログ「Munchener Brucke」のkechackさんが東京―社民党保坂展人は国会からさよならか!!というエントリーを書いておられた。民主党圧勝の勢いの陰で、社民党や新党日本は厳しい選挙戦を強いられているという。
 今回の新聞報道を見て、民主党が勝ちすぎてよくわからない比例単独候補を国会に送り込むより保坂展人や有田芳生を国会に送った方が役に立つと思って、民主党支持者の中でも比例は社民か新党日本に切り替えようという選択投票をする人も出てくるではあろうが、民主党は組織選挙ができない党なので、党本部の支持で戦略的票分けみたいのは難しい。
個人的に保坂展人の「かんぽの宿」売却問題の追及やネット規制反対の立場からの発信能力の高さはかねて高く評価していた。党派を超えて必要と思える数少ない議員のひとりだった。そして有田芳生が議員になって国政調査権を手にしたら、必ずや統一教会の日本での違法な活動を暴き出し自民、民主議員らとの癒着を白日の下に曝してくれるに違いない、と思っていた。
そうか、この二人ともだめなのか。東京の有権者でない私としてはただ残念としか言いようがない。

二大政党がいずれも過半数に届かない場合は、間を埋める中小の政党がキャスティングボートを握ることになる。2005年までの公明党はその好例で、党自体はごく一部の支持しか得ていなかったのに実力以上に様々な影響力を国政に行使して地域振興券を配り大臣を輩出したわけだが、今回はどうやらその心配はなさそうだ。社民党や新党日本が党として生き残るかはどうでもいい(社民党がどういう政党であるかは以前のエントリで党員の方から話をうかがってよくわかった)が、国会議員になれば数人分の活躍が期待できる彼らの前途を閉ざすのは、この国にとって損失であるとすら思う。

どこのブロックにせよ、有権者がもし変革を求めて民主党候補に投票するのであれば、比例区こそ人物本位で政党を選んでほしいと願ってやまない。具体的には自民、民主、公明以外で、議員たるにふさわしい人が上位に掲げられている政党の健闘を祈りたい。
何も考えずに投票した結果、名簿搭載候補不足で意図せぬ政党に議席が渡ってしまう失敗だけは避けたいものである。いや本当にもったいない。
posted by NA at 13:14| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

懲罰としての総選挙

今度の総選挙で民主党が勝ってもそんなに驚きはない、つもりだったけど、さすがにてきとうなコメンテーター数人で作ってるような週刊誌でなくて新聞が書くとインパクトはある。asahi.comが「民主300議席うかがう勢い」という記事を配信していた。本当だろうか。公示日から選挙情勢調査やってたのか、というのも驚き。
 30日投開票の総選挙について、朝日新聞社は18、19の両日、全300小選挙区から統計的に選んだ150小選挙区の有権者を対象に電話調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて選挙戦序盤の情勢を探った。その結果、(1)民主は単独で過半数(241)を大きく超え、300議席台をうかがう勢い(2)自民は選挙前議席(300)の半数に届かず、それよりさらに大きく後退する可能性(3)比例区では、公明、共産はほぼ前回並み、社民はやや苦戦――などの情勢がわかった
asahichart.jpg記事に付いているグラフを見ると民主党は明らかに310ぐらいまでがこゆめのグラデーションなのだが、記事では表現に若干手加減を加えたのだろうか。
他社調査の結果も見てみたい気がするが、まあ総選挙にしては異例の長い準備期間を経て民主党の不祥事もぼろぼろ出尽くして解散から最長の日程を組んだあげくのこの数字なのだから、これからそう大きく民意が動くとは考えづらい。このまま行っちゃうのかもなあ。

今回の選挙で興味深いのは「民主党支持ではないけど政権は交代してほしい」というスタンスの人が多いことだ。各種世論調査を見ていると、設問の都合もあろうが民主党に対していろいろ批判的な声はそれなりの割合であるものの、肝心の投票先になると自民よりも民主の方が圧倒的に多い。国民が一斉に政治的ツンデレになったのでなければ、これは明らかに「自民党に入れないための民主党支持」だ。
民意は自民党を罰することを望んでいる。その結果として行き先が民主党になっているだけだ。

なぜ自民党が罰せられなければならないのか定かではないが、私見ではその理由は景気回復失敗や雇用や外交や環境といった個別のイシューに因るものではなく、もう単純に「期待を裏切った」ことに尽きると思う。
2005年に我々は日本がかつてなかった日本に変わるのではないか、と期待してちょちょっと自民党によろめいて爆勝させてしまった。しかし4年経った今、事態は何ひとつ改善されていない。小泉純一郎という稀代の山師(前にも使ったような気がする)に騙されたのだ。ふざけるな。自民党に天罰を下さねばならぬ。お灸だお仕置きだスパンキングだ三角木馬だ。とまあだいたいそういうふうにお考えの方が少なくないのではなかろうか。懲罰の方法はともかく。

冷静に考えれば、郵政民営化で日本の財政運営から官僚機構から何からすべて変わると思うこと自体が明らかな錯覚だったわけで、針小棒大トリックを信じてあり得ない夢を見た側にも責任はあるのだが、それでも騙され感が減るわけではない。
しかるにその責任者は大勝利からわずか一年でその任を離れ(そりゃまあ、できもしない夢を見させたんだから逃げるよなあ)、後継者に祭り上げられた勘違い坊主は自分の手柄でもないのに相応の地位と勘違いして尊大に振る舞ったあげく高転びしてわずか一年でぽんぽん壊して辞めてしまい、次には何か地味な人が来て(個人的には嫌いではなかったが)よくわからないうちにこれも一年で辞めてしまい、それでやってきたのがおよそ小泉改革とは関係ない麻生首相で、政策的にも何が何だかぜんぜんわからない迷走に拍車がかかって大臣の首ばかり宙を舞う。
もうこれは、経緯はともあれ「すまん、前の前の前の人との約束がどっか行っちゃって本当に悪かった」と謝るしかない、と思うのが世間の常識ではなかろうか。

なのにこの財閥のぼんぼんといえば、この期に及んで「自分はぶれない」とか胸を張って、街頭で口汚く民主党を罵るばかりなのである。それより前にすることがあるだろうが、とテレビで見るほどに思う。小泉元首相ほどの人転がしのテクニックがあるわけでもなし、人員削減とコストカットとトヨタ優遇税制で押し上げられたGDPに特段の意味があるわけでもないと誰もが感じているところで尊大に振る舞って見せても、票は減りこそすれ決して帰ってはこない。別にマニフェストがいいから民主党に支持が集まっているわけではない。自民党自身が問題視されているのだ。

朝日の調査結果だけで即断してはいけないだろうが、もし本当に壊滅的敗北が目前に迫っているのであれば、心ある自民党(前)議員らがやるべきことはひとつしかない。親分麻生に改心を迫って有権者に詫び土下座戦略で少しでも損害を減らす方向に転換するか、あるいは下克上かだ。今更首相を辞めさせる方法はなくとも、自民党総裁をクビにすることはできるのではないか。そして選挙後の首班を今からでもいいから指名し直すのだ。
民主党が本当に300議席超を獲得したら、自民党議員らは間違いなく四年間干乾しにされるだろう。万年野党ならまだしも、与党から野党に転落しての四年間は長い。「次の選挙を待つ」ことを正当化して負け数を増やして悦に入っている麻生首相をこれ以上その座に置いたままでいいのだろうか。前途ある自民党議員よ蜂起せよ。
posted by NA at 05:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

42字と等価の8語

overflow.jpg先日大阪のとあるホテル(画像のEXIFを見るとだいたいどのへんだかわかる。困った世の中である)に泊まったとき、浴室に貼ってあった注意書きが目に留まった。しばらく目から離れなかった。

最初は自分でも何が気になるのかわからなかったのだが、やがて気づいた。漢字平仮名交じりの42文字で綴られた日本語の内容が、英語ではわずか単語8個で伝わってしまうことが意外だったのだ。最初の「CAUTION」を含めても9語。8語だけでも十分で、「cause」の一語で警告の意は余すことなく表現されている。いや、警告という趣旨からすれば英語の方が遙かに優れているとも言える。

もちろん逐語訳ではない。「湯水」と「water」は違うといえば違うかもしれない。「浴槽」に該当する言葉は英文では省かれているし、日本語の方は丁寧表現の分だけまどろっこしくなっているのは確かだ。
しかし彼我の効率の差はそれだけでは埋められない。この英文の無駄のなさに、私はほとんど感動を覚えたと言ってもいい。文字数をカウントしても英語の方が短いのだ。
とりわけ「水を出したまま〜放置」のニュアンスを余すことなく伝える「Running」、「浴槽に〜あふれる〜」まで射程範囲広くカバーする「overflow」の2語には参った。いや本当に「やられた」と思った。何を勝手にやられているんだか自分でもわからないが。

大事なメッセージをことさら言葉を費やして伝えるか、大事なことだから短く切り詰めて伝えるか。話を大袈裟にして恐縮だが、これはもう文化の違いが今俺の立っている浴室に断層として露呈しているのではあるまいか、と思えるぐらいショッキングな出来事だった。日頃英語について碌に考えていないからなのだろうけど。
語学学習とは畢竟意思を伝えるスタイルを学ぶことなのだ、と改めて思った次第。
ラベル:日本語 英語
posted by NA at 02:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

年々歳々花相似たり

otomen.png
歳々年々人同じからず。昨日第一回放映のフジテレビのオトメンで夏帆を見てそう思った。キヤノンのPIXUSのCMでいやな予感を覚えてはいたのだが。
相方の岡田将生が美しすぎるのもいかんのだろうが、引き立て役となっては気の毒である。結構鼻筋がしっかりしてきて、割と男顔なんだな、とか余計なことを思わせるのはあまりよろしくない。某掲示板方面で「劣化」「劣化ほ」と言われているのを見て少し胸が痛む。

夏帆といえばやはり三井のリハウスの印象の鮮烈さを誰もが引きずっていることだろう。彼女ももう18歳。いつまでもそのイメージから脱却できないのは成長中のタレントにとっては不幸なことだ。
オフィシャルサイトの眼鏡っ娘顔はこれはこれで正常進化とみてよいと思うのだが。

むかし会社の仕事でリハウス時代の夏帆を起用する企画が出て、別に広報ではないがたまたま所属していた事業内容の絡みで、私が担当となってエージェントと連絡していたことがあった。誌面の片隅にちらっと出るよくあるコーナーで、これまたよくある「明日のスター」であるとか斯界の期待の星だとかをちゃっちゃっと紹介して、ついでに我が社もよろしくね、みたいなやつである。

だが彼女の話は結局、何が気にくわなかったのか当時の女性上司の鶴の一声でなくなってしまった。という負い目もあって心中ひそかに応援していたのだが(べ、べつにロリコンじゃないんだからねっ!)、すべての少女タレントが迎える転機が彼女にもまた訪れているのだろう。
どうあれおじさんは応援しているので(迷惑だろうが)頑張れ夏帆。別に脱いだりしなくていいから。
posted by NA at 09:46| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする